カセットデッキの修理

長期間眠っていたまま動かなくなってしまったカセットデッキ、使っていて調子が悪くなってきたカセットデッキを快調な状態に取り戻します。蘇ったカセットデッキが、再び至福の時間を提供してくれることでしょう。

ご依頼方法はこちら

●選べる2コース●

メカニズムの整備のみ

カセットデッキのメカニズムを取り外して完全に分解し、修理・メンテナンスを行います。西村音響店の修理は完全分解を基本としており、ゼロの状態から組み立てることにより、より快調な動作を取り戻すことができます。ゴムベルトを始めとしたゴム製の部品も、交換できるものは全て交換します。

【実施する作業】

  • メカニズムのオーバーホール(完全分解→脱脂洗浄→潤滑)
  • ゴムベルト・ゴムリングの交換
  • 磁気ヘッドのクリーニング・消磁
  • ピンチローラーのクリーニング
  • 本体内部の簡易清掃

【追加料金で実施する作業】

  • ボリューム、スイッチの洗浄 +3,500円
  • ボタンの全交換 +3,500円

フルメンテナンス

メカニズムの整備に加え、経年劣化が進む電子部品の交換を行います。特に電解コンデンサーは寿命が10~15年とされており、寿命を過ぎると所定の性能を発揮することができなくなります。また、フルメンテナンスでは、電子回路基板も取り外すため、本体の内部をより丁寧に清掃することが可能です。

【実施する作業】

  • メカニズムのオーバーホール(完全分解→脱脂洗浄→潤滑)
  • ゴムベルト・ゴムリングの交換
  • 磁気ヘッドのクリーニング・消磁
  • ピンチローラーのクリーニング
  • ボリューム、スイッチの洗浄
  • 電解コンデンサー全交換
  • ボタンの全交換
  • 劣化がみられる半導体部品の交換
  • 本体内部の清掃

※状態により、フルメンテナンスを実施しても不具合が残ってしまう場合がございます。必ずしも完全修理が可能ではないことを予めご了承下さい。

◎料金の決め方

  • 製品価値
    グレードの高さ、性能の高さ、機能性などが要素となります。
    高級モデルになるほど、価格が上がります。
  • 作業難易度
    主に構造の複雑さが要素となります。
    複雑で作業に時間が掛かるほど、価格が上がります。
  • 交換部品数(フルコースのみ)
    交換を行う電子部品の数量が要素となります。
    部品数が多いほど作業時間も長くなるため、価格が上がります。
  • 以上3つの要素を加味し、作業料金をお見積りいたします。最大料金は38,000円です。

    ⇒料金表はこちら


    料金表に記載の機種につきましては、表示金額で承ります。
    また実績の無い新規機種でも承りますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

    【以下の場合につきましては、別途料金で承ります。】

  • 電気的故障の修理
    電子回路中の故障箇所を特定するため、回路解析が必要な場合に適用します。
    作業中に同故障を発見した場合は、料金の追加をご了承頂いた上で、作業を続行いたします。

    ○作業料金 : 10,000円 (修理できなかった場合は5,000円)

  • 部品の移植

    故障原因の特定が難しい場合、他の機器から正常な部品を移植することにより、修理を行える可能性がございます。ドナーとなる機器が当店にある場合のみ実施可能です。料金は、部品の種類によって決まります。

    ○ 移植料金の例

    • 小部品 ・・・・・・・ 1,500~3,000円
    • 電子回路基板  ・・・ 7,000~13,000円
    • デッキメカ部品 ・・・ 3,500~5,000円
    • デッキメカ一式 ・・・ 7,000~13,000円

    在庫がない場合でも、購入費用をご負担いただくことで、ドナーとなる機器を調達することができます。

  • 交換部品の指定(フルコースのみ)
    電子部品の交換において、電解コンデンサ、オペアンプ等を、ハイグレード品に変更する場合、
    別途部品代金を頂戴し実施いたします。
    標準グレードの部品では、追加料金なしで実施可能です。
  • コース外の作業
    標準コース、フルコースで行う内容以外で、追加で作業をご希望の場合、別途料金をお見積りいたします。内容によっては承れない場合もございますので、予めご了承ください。なお、コース外の作業は保証対象外とさせていただきます。