マルチトラックカセットデッキ TASCAM 134

 

今回は、ちょっと珍しいカセットデッキのご紹介です。

業務用カセットデッキで著名なタスカムブランドですが、普通のカセットデッキではなく、マルチトラックのカセットデッキです。

モデルNo.は「134」です。タスカムのカセットデッキといえば、「112」、「112R」、「122」が有名かと思いますが、この「134」は、特殊要素が多い上、一般的な使用は難しいです。

修理の様子をご紹介する前に、「134」特有の要素を先に紹介しておきます。

まず一つ目。この「134」は、片面で4トラックの音声を記録するため、実質裏面は使えません。

二つ目は、ハイポジテープ専用であることです。ノーマルやメタルは使えません。再生イコライザーが70μsになっているので、メタルだけは再生のみ可能です。

最後三つ目は、倍速記録が出来ることです。テープ速度を2倍にして記録することで、音質向上を図れます。

これぞ特殊要素満載の真の業務用カセットデッキでしょう。

それでは、修理の様子に移りましょう。

 

まずは、内部のレイアウトです。右側に4トラック分の再生アンプ回路があります。ここが他のタスカムのデッキと大きく異なる部分です。

一方で、メカの構造は、「112」や「122」と殆ど同じで、同じ方法でメンテナンスが行えます。

前面パネルを取り外しました。縦軸のデジタルメーターを採用しているカセットデッキは、数少ないですね。4トラックなので、メーターも4つ搭載されています。

 

ヘッドも特殊形状です。4トラック用で、希少なヘッドでもあります。

 

メカの取り外しです。メカの構造も同じということは、故障箇所も同じです。タスカムのデッキを分解されたことのある方なら見当がつくと思います。

 

やっぱりここです。このぼろぼろギヤです。決まってここが劣化して、動かなくなってしまいます。

 

同寸法の新品の2段ギヤに交換しました。通常ベルトが劣化して動かなくなることは多いのですが、ギヤ自体が破損するのは、あまり他では例がありません。

 

元通りに組み戻しました。無事に復活しました。ノーマルテープが使えないので、やっぱり不便です。ここは何とかノーマルテープに対応させる改造が必要かと思います。

それだけでなく、共通部分が多いことを利用して、「112MkⅡ」、「112RMkⅡ」、「122MkⅢ」、「134」の4機種を用いれば、改造要素も満載であります。

まずはノーマルテープを使えるように改造することが優先となりそうです。その後に、4機種で相互の改造を試みたいと思います。

 

コメントを残す