【カセットデッキの修理】やってみたいけど最初はどうすれば?


 
カセットデッキのいろは 第26回
 

 どうもこんにちは、こんばんは。西村音響店の西村です。

 今回は、これからカセットデッキを修理したい人向けに、「最初はどうすればいいのか」というテーマでお話してみたいと思います。

 カセットデッキの製造が終わり、さらにはメーカーでも修理は受け付けてもらえず、さらにはデジタルの時代へと変わっていったためカセットテープの役目は終え、中古屋に壊れたカセットデッキが“ジャンク品”で売られていたりしますよね。

 ジャンク品というのはガラクタという意味で、言い方を悪くするとゴミを売っているようなものです。しかしながら、僕たちカセットデッキを愛用する人間からしたら、お宝に見えてしまいます。

 でもジャンク品は運よく使える物もあったりしますが、多くは壊れていると思います。そこで、なんとか自分で直せないか、と考えてしまったという方、少なからずいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 今回はそんな方へ向けたテーマです。

 
 

デッキを壊すことが大きな学びとなる。

 カセットデッキは、カセットテープという物理的な物体と、音という見えない電気信号、両方を扱うデバイスです。もう少し専門的にいうと、前者がメカトロニクス(Macaronis)、後者がエレクトロニクス(Electronics)です。カセットデッキの故障は両者とも考えられますが、僕が今まで見てきた中ですと、前者が圧倒的に多いです。

 カセットデッキの修理は電気の知識が必要だと考えている方もいらっしゃると思いますが、僕自身では電気よりも機械の知識が必要だと考えています。
 

 さて、「肝心なところの修理したいけど最初はどうすればいい?」に対しての答えですが、「まずは壊して勉強しろ」というのが、僕としての回答です。いやいや、壊せ!って言われても…そもそも「壊し方がわからん。」ってなると思います。

 難しいところなんですよね。眺めただけで構造が分かるなんて、初めからできっこないし、論理的思考力が要るのではないかなと思います。

 
 例えば、磁気ヘッドはどういう仕組みで上昇するのか、お手持ちのカセットデッキで考えてみて下さい。
 
 
・・・
 
 

 どうでしょうか。何かひらめきましたか?
 

 なかなか難しいと思います。
 

 ヘッドが上昇する → ヘッドを持ち上げる → 何で? → レバー → レバーをどうやって操作する? → ソレノイドorカムギヤ → カムギヤだったらベルト駆動

 という風に頭の中で浮かべば、あっこいつは恐らくこんな構造だろうということが推測できるのですが、最初からは無理です。

 

 ということで、もし修理に初めて挑戦するのであれば、壊してもよい覚悟を持ちましょう。始めは壊すところからです。

 初歩的なステップとして、まずメカを本体から降ろす工程があります。ネジと配線を外して取り外せるか、まずここからやってみましょう。最初はメカが外せるだけでも、すごく達成感があります。

 あと、これもおススメかもしれません。僕が小学生の頃やっていたのですが、カセットを入れないと再生モードにならないデッキで、カセットを入れずに再生モードにするにはどうすればよいか?という問題です。ラジカセのCDプレーヤーでもやってましたね。扉を開けたままで、CDを回転させるなんてことをして遊んでいました。半ば遊び道具にしていました。

 さて、最初はどんなデッキが良いかというと、ずばり安いモデルです。いきなり高級モデルでやってしまうと、もし完全に修理出来ない状態になると出費が痛いので、できれば5,000円以下のものが良いです。僕が始めたころは高校生でしたので、2,000~3,000円が限界でした。しかも2~3カ月に1回のペースです。

 結局のところ、量をこなせという事になってしまうんですが、こればっかりは避けては通れない道です。しかし、10台もやればコツが分かってくるのではないかと思います。ただ大事なのが、組立や分解が上手く行かない時に、何故なのかを考えることです。それで、もし行き詰まったら、進めたい気持ちを堪えて、作業から離れましょう。寝てる間に方法がひらめくかもしれません。

 あっ、間違っても怒ってデッキを殴ったりしないでくださいね(笑)とはいっても悔しくなって殴ってしまう事もあるんじゃないでしょうか。僕がその一人でした。分かります、その気持ち。

 

まとめ

 ということで、今回はこれから修理に挑戦してみたい人向けにというテーマでお送りしました。どんな物事でも、はじめて挑戦するときは緊張しますし、不安が脳内を過ると思います。しかし、その先には、恐らくもう二度と抜け出せないようなカセットデッキのディープな世界が、あなたを待っています。

 「カセットデッキの人口が減ってるから、頼むから来てくれ…」

一緒にカセットテープとカセットデッキを、後世に残していきましょう。

 

 最後に僕から、これから修理に挑戦する皆様への課題です。

 「あなたのデッキのキャビネット(カバー)を開けて、中を観察してみましょう。
出来る方は、どこを触ったら感電するか考察してみましょう。」

 

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

カセットデッキの健康診断はミュージックテープとCDで!


 

カセットデッキのいろは 第25回

 

 どうもこんにちは、こんばんは。西村音響店の西村です。

 今回は、カセットデッキの健康診断というテーマでお話ししてみたいと思います。

 僕たち人間って、いつも元気でいられる事はなかなか難しいですよね。誰しも1回は風邪をひいたことはあるはずです。

 カセットデッキも同じで、いつも状態よく動き続けられるとは限りません。時々、大丈夫かどうか確認してあげることが必要です。クルマであれば車検というものがあって、法律で義務付けられていますが、仮に義務が無いにせよ、しっかりメンテナンスをしなければ寿命も縮まりまるでしょう。

 ということで、今回は皆さんに、普段から行えるカセットデッキの健康診断の方法を提案したいと思います。

 

いつの間にかスピードが遅くなってた!

 そもそも、カセットデッキの調子が悪いとは?と訊かれると、何種類かあります。その中でも厄介なのが、再生スピードの狂いです。この手は比較的多い事例ではないでしょうか。

 キャプスタンの回転にクォーツを使っている高級モデルなんかは殆ど狂わないので、特に心配は要らないのですが、それ以外は時間とともに部品の劣化などでスピードが遅くなったりすることがあります。

 なぜ、再生スピードが狂うことが厄介なのかというと、実は狂ったまま録音してしまうと大変なことになります。僕も1度経験しました。

 自分ではスピード調整が合っていると思い込んでいたデッキで録音したテープを、いざ初めて買ったクォーツ採用のデッキで再生すると、

  「あれっ?なんか、音がちょっと高いな…」

 他のテープを再生しても同じです。そうなんです。狂ったままのデッキを基準にしちゃっていたので、全部狂ったまま録音されていたのです。全部といっても、カセットデッキを始めたことですから、数十本くらいしかありませんでしたけどね。じゃあ、どうしたかというと、録り直し。こんな苦い思い出がありました。当時、カセットデッキのクォーツロックなど知りませんでしたから、まぁ無知ならこんなことがあっても仕方ないです。

 そこで、皆さんに是非、状態チェックの方法として1つお教えしたいのが、ミュージックテープとCDを使ってチェックする方法です。 ミュージックテープというのは、自分で録音したテープではなくて、CDとかレコードのように最初から録音されているテープです。これがチェックには便利です。細かくチェックしたいのであれば、テストテープという専用テープを使えばよいのですが、なかなか身近なものではありません。

再生レベル確認用とアジマス確認用のテストテープ。オークションで時々出るが1本1万円以上することもある。

 

 ミュージックテープはレコード会社で録音されたものなので、完ぺきに調整されたカセットデッキで録音されています。つまり、再生スピードは絶対に正確になっているんです。

 これを利用して、皆さんがお持ちのカセットデッキのスピードが狂っていないか、確認することができます。ただ、カセットだけだと判りにくいので、CDも用意されるとより良いです。

 アーティストさんが出すアルバムは、複数のメディアで売られています。今ではインターネットも媒体の一つになっていますが、ひと昔であれば、CDとカセット、レコードとCDといったように、違う記録媒体でそれぞれ売られていました。

 ですので、同じアルバムでCDとカセット両方用意できたらベストです。

 

カセットとCDで、スピードをチェックしよう。ついでにアジマスも。

 さて、チェックの方法ですが、基準はCDです。CDを基準にして、カセットの音がどう聞こえるか確かめます。スピードの確認であれば2つの方法があります。1つは音程の差を聞く方法、もう一つは再生時間を測定する方法です。

 前者は少し慣れが必要ですが、早ければものの数秒で判ります。後者は時間が掛かりますが、ストップウォッチさえあれば簡単にできます。短い曲だと時間差が出にくいので、出来るだけ長い曲、かつ曲の終わりがフェードアウトで終わるのでなく、ぴしゃっと終わる曲の方が良いですね。スピードチェックはこんな感じで行います。

 あとミュージックテープとCDで出来ることは、ヘッドのアジマスチェックも、大体ですが可能です。アジマスというのは、再生ヘッドの角度のことをいい、ずれると音が籠って聞こえるようになります。先ほど紹介したように、ミュージックテープは調整されたデッキで録音されているので、ミュージックテープが綺麗に再生できればアジマスはOKと判断してもよいでしょう。

 本来のアジマス調整は、またまたテストテープを使います。8kHz、10kHzといった高い音が一番大きく再生されるように調整します。オシロスコープといった測定器も必要で、使いこなすには少々勉強が必要です。

アジマス用テストテープを使った調整は、オシロスコープのリサージュ波形を使うのが一般的。

 

まとめ

 以上、今回はミュージックテープとCDを使った簡単なカセットデッキの健康診断についてでした。いかがでしたでしょうか。

オークションなどで中古品を買うと、なんか曲のテンションが低いなぁ…と感じさせてくれるようなデッキがあります。お客様のデッキでも、修理前はスピードが遅くなっているなんてことは珍しくありません。気が付かぬうちにスピードが遅くなっていることもあるでしょうから、是非、時にはスピードのチェックを
 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。