A&D GX-Z5300の修理・オーバーホール 

 

 今回は、A&D GX-Z5300の修理のご紹介です。県内の方より、自分で修理に挑戦したが難しいとの事でご依頼を頂きました。GX-Z5300は1991年に発売されたA&Dの3ヘッドカセットデッキの中では一番ベーシックなモデルで、AKAI独自のGXヘッドは搭載されていません。しかし、個人的にはデザインが気に入っています。上位機種のGX-Z6300EVではGXヘッドを搭載します。

 


 ご依頼いただいたデッキは、ベルト切れで再生が出来ないといった症状です。途中まで分解に挑戦されたようですが、難しくて諦めてしまったとの事でした。ですので、一部ネジが外された状態からの作業です。

 


 ベルト切れを確認しました。伸びきってしまっている状態です。

 


 メカの取り外しに掛かりますが、このGX-Z5300はフロントパネルの取り外しが最大の難関です。まずは、ボリュームのつまみを抜き取り、RECレベルのボリュームには六角のボルトが付いていますので、これを外します。

 


 取り外すコツですが、フロントパネルに固定されているネジを全て外しておくのがポイントです。ディスプレイとメカが、フロントパネルにネジで固定されています。メカの扉はオープンの状態にしておかないと外せません。

 


 フロントパネルを外すとこの様になります。開閉ボタンのある小さな基板などもありますので全て外しますが、開閉を検知するマイクロスイッチが幾つかありますので、うっかり破損させないように注意します。

 


 メカは底部からもネジで固定されているので、これを外すとメカを降ろすことができます。サンキョー製のサードパーティメカです。先代のGX-Z6100も同じメカを搭載していますが、こちらはパワーローディング付きです。ここからはメカの分解に入っていきます。

 


 後付け感のあるパワーローディング機構です。始めにこちらと扉を外します。マイクロスイッチを破損しないように注意します。

 


 開閉機構を取り外せたら、キャプスタンモーターの取り外しに移ります。前側からと後側からと、それぞれネジがあります。また電源を供給するケーブルが半田付けされているので、半田を吸いとってケーブルを外します。


 キャプスタンベルトが切れて、プーリーに巻き付いています。キャプスタンホイールにもベルトが溶着してしまっているため、清掃が必要です。

 


 リール部分と、ヘッド部分を切り離します。このように分割出来る構造になっているのが、このサンキョー製のコンパクトメカの特徴です。分割するとキャプスタンを取り外せるようになります。

 


 プーリーに巻き付いたベルトはカッターで切り込みを入れ、小さいマイナスドライバーで剥がす方法を採りました。幸いにも、長期間溶着していなかったため、綺麗にベルトを取り除くことができました。

 


 ピンチローラーの取り外しです。クローズドループ・デュアルキャプスタンのため、組立て時にテープパスの調整が必要になります。

 


 ヘッド、カムギヤ、ヘッド位置検出用の基板を外します。

 


 リール部分のブロックにある基板、リールロック、リールモーターを取りはずします。基板を外す際に、はんだ付けされているソレノイドの配線を外しておく必要があります。ソレノイドの線は非常に細いので、捻じ曲げると簡単に切れてしまいます。

 


 全部品の取り外しが完了しました。パワーローディング機構があるため、手動式のGX-Z6100と比べると少し部品が多くなりますが、それでも部品点数は少ないです。メカ自体の整備性はとても良いですが、メカへアクセスするまでが難しいです。

 



 リールモーター、キャプスタンモーターは分解整備を行います。ブラシと整流子の清掃、キャプスタンモーターの回転制御回路にある電解コンデンサを交換します。

 


 キャプスタンモーターは、取り付ける前に外部電源による回転確認を行います。少し負荷を与えて回転数が落ちなければ正常です。またリールモーターについても電圧を印加した状態で回転を止め、少しずつ回して整流が正常に働いているかを確認します。整流不良を起こすと回転が止まります。

 


 全部品の拭き掃除が済んだら、組み立てに入っていきます。バックテンション用のベルトも交換します。同ベルトは直径20mmの角ベルトが適合します。

 


 ヘッド部分の組み立てを行いました。ピンチローラーは、エタノール+マイペット希釈液を混ぜたものを使ってクリーニングします。通常、エタノール割合は50%以下で使用しますが、ローラーが著しく汚れていたり、磁性粉が固まって表面がつるつるしている場合は、エタノールの割合を多くします。原則としてエタノール100%での使用はNGですが、やむを得ない場合はエタノール100%で行う場合もあります。

 


 リールモーターの取付けは、丸で囲まれている部分の窪みが重要です。ここにアイドラーにある突起部分をはめ込むように取り付けます。ここの部分は、ソレノイドによってリールモーターの作用を切り替えるための役割があります。ヘッドを上下させる時は、この窪みがアイドラの動きをロックさせ、ヘッドを上下させるためのギヤへ動力を伝えます。

 


 リール部分を組み立てた後、ヘッド部分と連結します。

 


 さらに、基板の取付け、キャプスタンベルトの交換、キャプスタンモーターの取付け、パワーローディング機構の取付けの順で進めていきます。

 


 メカが全て組み立て終わったら一度動作を確認します。フロントパネルを外したまま、配線のみ接続して動作をさせます。

 


 メカの整備が終了した後、メインの基板も取り外して内部の清掃を行います。この様に中にも埃が溜まっていますので、忘れずに清掃を行っておきます。

 


 メカの取付けが再び難関ですが、先にメカをパネルに固定してしまう方法を試みました。取り外しの時と同様に、メカの扉はオープンの状態にしておきます。外部電源でしか開閉動作が困難ですので、電源装置が必要です。電源装置がなくても乾電池を3本直列に接続し4.5Vの電圧を印加しても動作可能だと思います。通常では5.0Vで動作しています。オープンの状態でバックLEDの部分をメカに差し込み、パネルに固定します。


 仮の組立てが終わり、1段階目の基本検査も合格しました。しかし、2段階目の動作検査中に再生してから30分ほどで突然停止する症状が出ました。大抵の場合はリールモーターの整流不良ですが、先ほど分解清掃を行ったばかりです。その後、何度かモーターを分解し入念に清掃しましたが改善されませんでした。

 


 これ以上改善が見られないため寿命と判断して、新品のモーターへ交換することになりました。ヘッドの上下もリールモーターで行っている分、劣化が早かったと思われます。以前に整備を行っていたGX-Z6100も、リールモーターが整流不良を起こしていました。新品のモーターは少し寸法が小さいため、ジャンピングが必要です。

 


 基板を取り付けます。モーターのブラシを点検する度に、この基板を取り外しました。3度モーターを掃除しても直らなければ寿命と判断して新品に交換になります。

 


 その後もう一度動作検査を行い、再生中に停止しないことを確認し、作業完了となります。今回は機械部分のメンテナンスのみで、7,500円のコースになります。リールモーターの不調も機械系統の作業に含まれます。もし、再生中に急に止まってしまうような症状が出始めた時は、ぜひメンテナンスをご検討ください。