A&D GX-Z9100

 

 

1988年に登場した、A&Dブランド最上級モデルのカセットデッキです。

 GX-Z9000の後継モデルとして登場したのが、このGX-Z9100です。薄型デザインから一転して、厚みのある堅牢な容姿へとモデルチェンジしました。フラッグシップモデルの証となるサイドウッドも引き続き装着され、さらに艶出し加工を行ってさらに高級感を増したモデルだと思います。

3ヘッド方式で、録音/再生ヘッドには、引き続き摩耗に非常に強いスーパーGXヘッドが採用されています。

 薄型のボディから、高さ15cmのデザインへと進化したのは、電子回路基板1枚1枚に個室を設けるレイアウトを採用したためで、「セパレートブロック・コンストラクション」といいます。特にアンプ部分はむき出し状態だと、外部から電磁波の影響を受けてノイズが混入します。身近なものでは蛍光灯が代表的です。そこでGX-9100と下位機種のGX-Z7100からは、基板を密室に閉じ込めることで、外部からのノイズを抑制する工夫をしています。

 GX-Z9000で搭載されていた、一番ノイズ低減効果の高いdbxノイズリダクションは無くなり、汎用性の高いドルビーのBタイプとCタイプのみになりましたが、新たに録音レベルとバイアス調整を補助するキャリブレーション機能が搭載されました。先代のGX-Z9000では、同機能が無かったため、耳で聴きながら調整をしていく必要がありましたが、この機能を使えば調整が簡単にできます。

 新たに採用されたものはまだまだあります。GX-Z9100では骨組みとなるシャーシには銅メッキを施して、外部からの電磁波を遮断する効果をより高めています。ちなみに下位機種であるGX-Z7100では、銅メッキを省略しているので普通のシャーシです。 CDダイレクト端子も、GX-Z9100から搭載されました。普通のライン入力と合わせて、2つの入力端子が付いています。CDダイレクト端子を使うときは、入力インピーダンスが高い仕様になっているので、録音レベルのつまみは高めにします。その他には、録音の際に高音域の減衰を防止するドルビーHX-Proや、16曲までの複数の曲を一度にスキップできる機能、1/2のスピードで再生する機能もあります。

 今まで薄型のデザインが多かったAKAIのデッキから、ごついA&Dへと変わっていきました。昭和から平成へ時代が移るころ、各社とも厚みのあるデッキが多くなっていっているので、カセットデッキにも何か流行というものがあったように感じます。

※スーパーGXヘッド = 摩耗にとても強いヘッドで、中古のデッキでも磨り減っているデッキは見かけません。

 

 

メカニズムをぜんぶ分解するとこうなります。


 この構造になっているのはGX-Z9100だけではありません。実は1982年発売のモデルから採用されていて、ヘッドとテープが接した状態で待機することにより、再生ボタンを押すと静かに素早く再生されるという、独特のシステムです。

 また、共通であることを利用すれば、何か部品が壊れていたときなどのトラブルがあっても、部品を移し替えること簡単にできるので、修理が不可能になる心配も少なくなります。

 

機械部品は1つ1つ綺麗にしましょう。


 ご依頼をいただいたデッキは、先ほどのように分解します。部品には、動きを良くするために潤滑油となるグリースが塗られており、これは多くのカセットデッキに当てはまりますが、年数がたつと、油は硬くなってしまいます。硬くなった油は動きを良くするための役割は、もう果たせませんので、洗浄してきれいに落とします。ぴかぴかの状態にしてから、新しい潤滑油・グリースを入れていくと、メンテナンスをする前の重たい動きが解消されて新品に近い動きを取り戻すことができます。これが音響店で徹底している「イチから組み上げる」修理です。

 GX-Z9100は、2018年で30歳になりました。さすがに30年もたてば疲れが溜まってきていることでしょう。


 もともと黒いグリースがついていましたが、洗浄して完全に落とし、新しい白色のシリコーングリースを入れます。シリコーングリースは樹脂部品にも優しい種類のグリースです。

 

汚い状態のまま使いたくありません。


いくら修理して動くようになったとしても、埃だらけだったり、汚れだらけだったりの状態では、いまいち聴きたい気分が上がらないのではないでしょうか。やはり、写真のように綺麗な状態で使いたいところです。僕は特にディスプレイが汚れでぼやけている状態が気になるので、ここだけはピカピカの状態にしてメーターがしっかり見えるようにしたいものです。


 ちなみに掃除をする前のディスプレイ部分は、こんな感じでした。ヤニ汚れと相まって、メーターはぼやぼやです。

 

新たに追加されたスタビライザー


 GX-Z9100からは、扉(カセットホルダー)にカセットを抑えて、何らかで再生中にカセットが動いてしまうことを防ぐスタビライザーが装備されました。スタビライザーの無いデッキでは、カセットによって奥までしっかり装着されないこともあります。時には念を入れて手で扉をしっかり押え込む方もいらっしゃると思います。そこで、スタビライザーを装備したことにより、一発で奥まで装着させることができるようになりました。GX-Z9100に限らず、A&Dのほかの機種にもスタビライザーが装着されるようになりました。

 

スピードずれの心配がないクォーツロック。


 GX-Z9100は再生スピードの制御にクォーツを使っています。写真はデッキの動作全般をコントロールしている回路ですが、矢印で指した銀色に光っている部品がクォーツです。クォーツを使っているデッキは、いつでも正しい再生スピードで聴くことができるので安心です。特に録音するときは、スピードがずれていると他のデッキで再生した時に、音が高くなったり低くなったりする可能性もあるので、録音する時に正しいスピードであるかが大変重要です。いくつかある制御方式の中で正確さは1番です。下位機種のGX-Z7100はクォーツではありません。

 ちょうど電解コンデンサーを取り換えしている最中で、写真右側に写っているカップに古いコンデンサーが入っています。

 

GX-Z9100の銅メッキシャーシ

 
 アンプの基板が配置されている本体右側に銅メッキ処理を施したシャーシが組まれています。カセットデッキは、磁気ヘッドで拾った微弱な信号を扱うので、特にアンプ部分にはノイズ源となる電磁波が極力混入しないように工夫する必要があります。そのために、アンプの基板が配置される部分には、銅メッキをして電磁波の遮断効果を高めているのです。

 1988年ごろになると、他社でも銅メッキを施したデッキが多くラインナップされているようです。例えばビクターならTD-V711、ソニーならTC-K555ESG、ヤマハならK-1xwがそれぞれ銅メッキシャーシを使っています。

 

電源トランスの裏側はどうなっている?


 GX-Z9100の電源トランスはケースの中に埋め込まれており、外からは見ることができません。なので、本体から外して下からのぞいてみると、写真のようにトランスが頑丈に埋め込まれている様子を見ることができます。ちなみに、GX-Z7100ではケースに入っておらず、むき出しの状態で取り付けられています。

 

基盤を降ろすときは、配線の取り回しに注意。


 古くなった電解コンデンサーを取り換えするには、当然ですが回路基板を本体から取り外さなくてはいけません。でも実はいうと、外さなくてもOKな機種もあります。ただAKAIやA&Dは、外さないと基板の裏側を露出できない場合が多いです。GX-Z9100では、各基板が一部屋一部屋に配置されるセパレートブロック構造で、配線は部屋と部屋との間にある小さな穴を通さなくてはありません。ですので、先代のGX-Z9000よりも少し手間が掛かる部分です。