A&D GX-Z9100EV

 

 
 1990年に登場した、最上級クラスのカセットデッキで、A&Dブランドとして、赤井電機として最後に送り出したフラッグシップモデルが、このGX-Z9100EVです。

 録音/再生ヘッドには、アカイ、A&Dで長らく採用されてきた、摩耗に非常に強いスーパーGXヘッドを引き続き採用していますが、GX-Z7100EVではさらに進化して、再生ヘッドと録音ヘッドが完全に分離されている構造になっています。このようなヘッドを「ディスクリートヘッド」と呼び、工場出荷前の調整でデッキの性能をより発揮させることができるようになりました。これまでは、2つのヘッドが一体型になっている「コンビネーションヘッド」では、録音ヘッドと再生ヘッドを別々には調整できず、妥協をせざるを得ない部分があります。

 15cmという厚みのあるボディが特徴ですが、これは電子回路基板1枚1枚に個室を設ける、「セパレートブロック・コンストラクション」という構造を採用しているためです。1988年登場のGX-Z9100から採用されています。この構造が効果をもたらすのは特にアンプ部分で、むき出し状態だと、外部から電磁波の影響を受けてノイズが混入します。カセットデッキは、磁気ヘッドで拾った微弱な信号を扱うので、ノイズ源となる電磁波は大敵です。さらに、最上級モデルであるGX-Z9100EVは、アンプ部分の骨組み(シャーシ)を銅メッキにすることで、外部からの電磁波を遮断する効果をより高めています。ちなみに、下位機種であるGX-Z7100EVでは、銅メッキを省略して普通のシャーシになっています。

 性能も非常に高く、メタルテープでは23,000Hzまで信号を切り落とすことなく録音できます。CDは原理上22,000Hzまで記録できますが、実際は20,000Hzから信号が切り捨てられていきます。規格で決められたデジタルデータでは、どうしても損失が発生します。ところがGX-Z9100EVは、CD以上の23,000Hzまでの信号は切り捨てられません。

 録音性能で選ぶなら、このGX-Z9100EVをぜひ候補にされてみてはいかがでしょうか。もう少し安い方がよい方は、下位グレードのGX-Z7100EVもおススメです。GX-Z9100EVにあるクォーツが省略されていたり、電子回路が少し異なっていたりしますが、性能は申し分なく、こちらも23,000Hzまで録音できる性能を持っています。

 下位機種のGX-Z7100EVとともに、アモルファスヘッドを採用したカセットデッキが多くを占めるこの頃でも、赤井のポリシーを貫き通したところに、テープデッキの老舗としての強い魂を感じます。

※クォーツ = 常に正確な速度でテープを送ることができ、速度がずれたまま録音される心配がありません。
※スーパーGXヘッド = 摩耗にとても強いヘッドで、中古のデッキでも磨り減っているデッキは見かけません。

 

1つ1つ、部品は綺麗に洗浄します。


 ご依頼をいただいたデッキを修理するときは、メカの部分を全部分解します。部品には、動きを良くするために潤滑油となるグリースが塗られており、グリースは年数がたつと劣化して固まってきます。GX-Z9100EVに限らず、多くのカセットデッキに当てはまります。硬くなった油は、動きを良くするための役割はもう果たせませんので、洗浄してきれいに落とします。ぴかぴかの状態にしてから、新しい潤滑油・グリースを入れていくと、メンテナンスをする前の重たい動きが解消されて新品に近い動きを取り戻すことができます。これが音響店で徹底している「イチから組み上げる」修理です。

 

メカニズムをぜんぶ分解するとこうなります。


 この構造は1982年発売のモデルから採用されていて、ヘッドとテープが接した状態で待機することにより、再生ボタンを押すと静かに素早く再生されるという、独特のシステムになっています。GX-Z9100EVから、音揺れ(ワウ・フラッター)対策として、右側のリール台にバネを使った仕掛けを入れて改良しています。

 また、共通であることを利用すれば、何か部品が壊れていたときなどのトラブルがあっても、部品を移し替えること簡単にできるので、修理が不可能になる心配も少なくなります。

 

よくある故障 <アイドラー用ゴムの劣化>


 カセットのリールを回すときに、モーターからの動力を伝える部品をアイドラーと呼びます。GX-Z9100EVでは写真のようなゴムがアイドラーの役割をしており、これを介して巻戻しや早送りを行う仕組みです。しかし、このゴムが劣化してしまうと摩擦力が無くなって動力を伝えられなくなり、巻戻しや早送りが出来なくなる故障に陥ります。自動車で例えるとタイヤに相当するでしょう。古くなったタイヤは新品のタイヤと比べてゴムが硬くなるので、滑りやすくなってしまいます。

 

基板1枚1枚に部屋が与えられています。


 1988年に登場したGX-Z9100から採用されている、基板1枚1枚が各部屋に別れている構造(セパレートブロック構造)をGX-Z9100EVでも引き続き採用されています。写真は本体を上から見たもので、上側には電源とデッキの動作をコントロールする制御用回路の基板があります。

 
 
 そして、音を扱うアンプの基板は、本体底部のフタを開けると現します。ここを開けるには、本体を縦にするか逆さまにします。まるでハチの巣のようです。大きい基板が再生用アンプや、ドルビーの処理をする回路があり、右側にある小さな基板に交流バイアスを作り出す回路があります。

 

スーパーGXヘッドの最終型。


 赤井電機が1980年代に入ってから採用してきた、黒光りのスーパーGXヘッドが、GX-Z9100EVになって進化しました。従来はコンビネーションヘッドといって、録音ヘッドと再生ヘッドが一体になっていましたが、GX-Z9100EVでは両ヘッドが別れています。これを独立懸架ヘッドやディスクリートヘッドと呼び、それぞれのヘッドを別々に調整できるので、特に録音性能をより引き出すことが可能というメリットがあります。

 

 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、この写真が従来のスーパーGXヘッドです。矢印の部分(録音ヘッドと再生ヘッドの間)に注目すると、違いが分かります。GX-Z9100EVの方は、2つのヘッドが分かれているので、隙間があります。