Nakamichi 581Z


 

 
 
 1981年ごろのナカミチの3ヘッドカセットデッキです。

 型番が400番台、500番台、600番台……1000番台と展開されているので、下のグレードにあたるでしょうか。とは言っても値段は15万以上で、他のメーカーだと最上位モデルが買えてしまいます。
 
 581Zは3ヘッドデッキなのに録音同時モニター機能(※)がないという点がポイントです。通常、3ヘッド方式のデッキには必ず搭載されています。しかし、兄弟機種の582Zと差別化を図るためか省略されています。

 一方で、キャリブレーション機能は582Zも581Zも搭載しています。リアルタイムで低音と高音のレベルをメーターで確認しながら、録音レベルとバイアス調整が可能です。

 しかし、録音同時モニター機能が省略されていることを思い出してください。なぜリアルタイムで確認できるのでしょうか。そうだとしたら、封印しているはずの機能をキャリブレーションの時だけ使っているのではないかと考えられます。もし同機能がまったく無かったら、一旦巻き戻して録音した音を確認しなければなりません。

 初めてのナカミチがこの581Zで、お目にしたときは、本体サイズの大きさには驚きました。一般的には幅が43.5cm、サイドウッドがあると45cmくらいですが、581Zは50cmもあります。そして、いざ分解してみると、今まで見たことのない仕掛けが沢山ありました。中でも、ワイヤーケーブルを使っていることには驚きました。

 初めてナカミチというブランドを感じ取ることができた1台でした。

(※)録音同時モニター:同時モニターというのは、録音した音をすぐ再生ヘッドで信号を拾うことにより、リアルタイムで録音された音を確認できる機能です。

 


 

 

581Zのメカを片っ端から分解します。


 581Zのメカニズムを分解しました。

 サイズの大きいメカだけあって、作業台にいっぱいの状態です。バネが多かったり、小さいレバーの部品が多かったりで、手ごわい相手でもあります。

 

581Zのベルトは4本。


 581Zに使うベルトは4本です。

 キャプスタン用、ヘッドの上げ下げなどを行うメカ動作用、そしてカウンター用に2本の、合計4本です。機械的なカウンターはどうしてもベルトを使うので、特に1970年代のデッキはベルトの本数が多い傾向です。デジタル表示になったバブル期であれば1~2本のものが多くみられます。

 

ピンチローラーを軸から外して注油


 ピンチローラーは、テープを決められた速度で送るための重要な部品です。

 ほかの機種で、ピンチローラーの軸部分が悪くなったのか、回りの悪いピンチローラーを見かけました。581Zはピンチローラーを軸から外すことができます。外して軸をきれいにし、オイルを1滴たらして回転を良くしておきます。音揺れ(ワウフラッター)対策の一つです。

 

ワイヤーケーブルを利用したメカ。


 581Zの特徴的な構造として、ワイヤーケーブルを使っているところがあります。

 身近なものだと自転車のブレーキが良い例です。レバーを引くとワイヤーが動いてブレーキが掛かります。

 581Zも似たような仕掛けがあって、ワイヤーが2本あります。1本は取り出しボタンを押したときに扉(カセットホルダー)を開ける役割、もう1本はアンプの基板にあるスイッチを操作して録音モードにする役割を担っています。普通であればトランジスターやリレーを使って電気的に切り替えます。そうではなく、モーターでワイヤーを引っ張ってスイッチを操作するという、なんとも原始的な仕掛けです。


  本体の底部から中を見てみると、矢印の部分にワイヤーがつながっているのが確認できます。録音モードにすると、モーターがワイヤーを引っ張ってスイッチを操作します。

 

中道のディスクリートヘッド


 581Zの録音再生ヘッドは、各ヘッドが完全に分離している「ディスクリートヘッド」です。

 ナカミチのカセットデッキでは、ディスクリートヘッドを採用しているデッキが多くを占めます。ディスクリートヘッドは、それぞれのヘッドを別々に調整できることが大きな利点です。そのため各ヘッドで、100%に近い性能を発揮させることができます。録音ヘッドと再生ヘッドが一体型になっているコンビネーションヘッドは別々に調整ができず限界があります。例えば、再生ヘッドが100%でも、録音ヘッドが90%ということも考えられるかもしれません。

 ヘッドの近くに4つの歯車がついていますが、ここでヘッドの調整(アジマス・高さ・アオリ調整)ができます。