TASCAM 122

 

 
 TEACの業務用機器ブランドであるTASCAMのカセットデッキで、同ブランドの初代3ヘッドデッキが、この122です。画像をご覧いただくと、TEACという名前がついていますが、この初代122は未だTEACとTASCAMのブランドが完全に分かれる前のものだと推測できます。つまりTEACの中のTASCAMシリーズという形で展開していたのではないかと思います。僕はその頃生まれていませんので、ちょっとわかりません…

 同じ頃、TEACのブランドとしてC-3Xというカセットデッキが販売されており、両者で似ているところが多々あります。いわゆる兄弟みたいな存在です。デザインも殆ど一緒です。違うところとしては、C-3XにはないXLR端子が装備されている点や、業務用ということで122にはVUメーターになっている点といったところです。録音/再生ヘッドは同じかと思いきや、ヘッドにも少し違いがあります。違いはこれだけかと思ったら、外からは見えない電子回路にも差があります。民生用のC-3Xと業務用の122、双子ではないようです。
 

 

C-3Xとは違うヘッドです。

 機械的な構造は民生用のC-3Xと同じですが、録音/再生ヘッドが異なっています。C-3Xは摩耗しにくい黒色のフェライトヘッドですが、TASCAM 122はパーマロイ系でしょうか。業務用なので、定期的な交換を前提としているかもしれません。

 

 こちらはC-3Xのフェライトヘッドです。機械的な構造は122と同じなので、入れ替えも簡単にできるかもしれません。

 

C-3Xと122 本体背面の違い

 本体前面はC-3Xも122も同じようなデザインですが、いざ背面に回ると両者の違いがはっきり分かります。122には通常の入出力(RCA)端子と、業務用の放送機器では標準となっているXLR端子、両方を搭載しています。122だけに限らず、業務用のカセットデッキはXLR端子を搭載しているものが多いと思います。例えばSONYのカセットデンスケがありますが、デンスケの中でも、プロ用のデンスケがあって、プロ用デンスケにはしっかりとXLR端子を搭載しています。

 こちらは民生用のC-3Xですが、XLR端子がありません。また、C-3Xにも122にも真ん中にRCA端子が余分についていますが、こちらは外付けでdbxノイズリダクションの装置を接続するもので、これを使うと磁気テープには付き物となるヒスノイズを殆ど無い状態にして録音/再生が楽しめます。