TEAC V-R1


 

 

 1981年の高性能なオートリバース方式のカセットデッキです。

 V-R1の大きな特徴は、マルチトラックヘッドを使ったオートリバース方式である点です。マルチトラックヘッドは、1度に4つの信号を拾うことができます。これを利用し、ヘッドを180回転させなくとも、B面の再生までできるのです。

 さらに、回転させる必要がない長所を活かし、素早いオートリバースができるのもポイントです。透明のリーダーテープを認識して、A面からB面への切換えを1秒以内に行います。一般的なオートリバースデッキは、ヘッドを180度回転させる動作が必要です。そのため、どうしても切替えに時間を要してしまいます。当時、ラジオを録音するエアチェックでは、威力を発揮したことでしょう。

  V-R1は音質面でも優秀です。ノイズリダクションには最も効果の高いdbxが付いており、テープのノイズを皆無に近い状態にできます。dbxを使えばノーマルテープでもメタルテープ並みの音質です。惜しくもバイアスの調整ができないので、どんな音質で録音されるかはテープによってしまいます。それもまた、カセットテープならではの楽しみではないでしょうか。長時間の録音に重きを置くならば、バイアスの調整はなくとも十分なのかもしれません。

 音質だけはなく、複数曲を飛ばしたり戻したりする選曲機能や、リピート再生機能もあります。再生用のデッキとしては申し分ないでしょう。

 最後にV-R1の面白い機能が、電動式のボリュームです。録音レベルの調節ボタンを押すと、レベルを示す緑のLEDが左右に「うぃーん」と動きます。デジタルな数値で表示する電子式ではなく、モーターでアナログのボリュームを動かしているという電動式です。

 音質の良さも確保しつつも、オートリバースの利点をとことん伸ばしている1台です。

 


 

故障しやすい部分 <ベルトなどのゴム劣化>


 赤○の部分は、テープがたるまないように抑えておくためのブレーキです。ここがゴム製で、劣化して溶けてしまっています。無くても動きますが、テープを保護するための大事な部品です。

 もう一箇所、劣化しやすい部分があります。それが、アイドラーゴムの劣化です。アイドラーとは、モーターの動力をリールの回転に変える役割があります。しかし劣化してゴムが硬くなったりすると、グリップ力が無くなってリールを回せなくなります。

 どのカセットデッキでも、ベルトを始めとしたゴム製の部品は経年で劣化するものです。故障の原因も、ゴムの劣化よるものが多く見受けられます。

V-R1のメカの仕組み


 V-R1のメカの後ろ部分を分解してみてみると、このような歯車が見えてきます。

 ここが、ヘッドの上昇動作と先ほどのブレーキを動作させる部分です。組み立てると、画像右上のあたりにモーターが取り付けられます。モーターでこれらの歯車を回し、カセットテープの動作を行っているという仕組みです。

 

メカをすべて分解。


 最終的には、ここまで分解します。2019年には38歳になり、もう少しで40歳です。お年を召しても、元気に動いてくれるように、メンテナンスの方法はまだまだ改善中です。

 分解してみると、意外と複雑ではないです。1981年ごろになると、コンピューターを使ったカセットデッキが多数派になります。モーターなどの動力で動作させるため、‘70年台では少なかった歯車が積極的に使われるようになります。

V-R1最大の武器 <電動式ボリューム>


 V-R1の最も強い武器であるのが電動式のボリュームです。

 仕掛けを分解してみてみると、モーター→歯車→ボリュームの順でつながったユニットがあります。モーターが回れば歯車を介してボリュームのつまみが自動で回るという、なんともアナログな仕掛けです。

 電動式と呼んでいるのは、ボリュームをただモーターで自動的に回しているだけであるためです。ミニバンのスライドドアを思い出してみて下さい。ボタンを押せば勝手に開け閉めしてくれるものを電動スライドドア、パワースライドドアなどと呼んでいるでしょう。電子式スライドドアとは呼びません。ポイントはモーターを使っているか否かです。

 一方、電子式は、またまたクルマを例に出すと、電子制御式○○○○という言葉があります。たとえば電子制御式スロットルといったら、アクセル量をコンピューターが管理するというシステムです。コンピューターが絡むかどうかが、電子式とという言葉の装飾をするかを決めると思います。カセットデッキであれば、アカイのGX-R70という機種が、デジタルの数値で録音レベルを調節する方式です。これは電子式ボリュームといえます。

 

ぎっしりと積み込まれた基板


 古いカセットデッキでは、回路も複雑になりがちです。

 V-R1は、向かって左側に機械の動作をコントロールする制御系、右側にはアンプの基板が2層になっています。その側面に、小さい基板が取り付けられているといった構成です。

 時代が進むと、電子回路の技術も上がって、よりコンパクトになっていきます。

 

 本体の底部から覗いています。画像はdbxの基板を取り外し、録音と再生のアンプが見えている状態です。

 電解コンデンサーを見ても時代の流れを感じさせます。現在では、耐圧25V容量4700μFのものは、直径16mmで収まります。V-R1にも4700μFの電解コンデンサーがありますが、こちらは20mm超です。こういった部分から、同時の電子回路技術も読み取ることができます。

 もうひとつ、V-R1に欠かせない部品が、A面B面を切り替えるときに使うリレーです。画像の真ん中の辺りに見える、横に細長い金属の棒のようなものがその部品です。再生方向が逆になるときに「ポンッ!」という切り換え音を発します。

 V-R1はマルチトラックヘッドなので、ヘッドが回転しない代わりに、同時にA面とB面の音を拾います。アンプにも両方の音が送られてくるため、リレーでアンプに通す音を選択しているのです。8トラックテープが良い例でしょうか。同じテープでもスイッチを切り替えると別の曲に変えることができます。難しい言葉でいうと、トラックを切り替えている、という表現になります。

 

シャープ製のICが使われている!?


  レベルメーターの部分にある基板を外してみると、なぜか「SHARP」と印字されたICが姿を現します。

 おそらくメーター表示用のICでしょうが、シャープのICはなかなか見ません。同じシャープ(オプトニカ)のRT-6というデッキは、当然ながら自社のICを使っていました。先ほどの基板の画像で、ドルビー用のICが見えていました。こちらも見てみると、東芝製というレアなものを使っています。

 

修理実績

愛知県内 H.さま

作業内容: フルメンテナンス

以下の故障症状がありました。

  • 録音のときにメーターが振れっぱなしになる。
       ↓
    電動式ボリュームの動作不良。歯車の引っかかりが原因でした。
       ↓
    同部分を取り外して引っかかりを直し、新しい潤滑グリースを塗って対処しました。
  • テープが再生途中に突然裏面を再生してしまう。
       ↓
    光センサーの信号を増幅するオペアンプの故障
       ↓
    オペアンプを新品に交換して修理しました。
  • 再生速度が遅い。
       ↓
    スピードの調整ずれと、ベルトの劣化が原因でした。
       ↓
    新品のベルトに交換し、調整用テストテープに速度を合わせました。

その他、フルメンテナンスのメニューということで、メカニズムのオーバーホールと、古くなった電解コンデンサーの交換まで行いました。また、ヘッドホン端子も破損していたので代替品に交換しました。