TEAC V-R1


 

 

 1981年の高性能オートリバースデッキです。高性能なカセットデッキというと、3ヘッド方式を想像するかもしれませんが、オートリバースでも高性能なデッキがあります。このV-R1も高性能なオートリバースデッキの仲間に入るでしょう。

 V-R1の大きな特徴は、マルチトラックヘッドを使ったオートリバース方式です。マルチトラックヘッドは、A面B面、両方とも音を拾うことができる特殊なヘッドで、普通のオートリバースデッキはヘッドを180度回転させる必要がありますが、V-R1は回転させなくてもよいのです。回転部分が必要ないので、ヘッドが回転しなくなって裏面が再生できなくなる心配がありません。

 さらにマルチトラックヘッドと、透明のリーダーテープを認識するセンサーを組み合わせると、A面が終わってB面に行くときに、1秒も掛からず切り替えることができます。切替えに時間が掛かると、その間録音が中断してしまうので、ラジオの録音や会議の録音では威力を発揮します。(今ではもはや要らない機能ですが…)

 音質面では、ノイズリダクションに一番効果の高いdbxを搭載しており、テープの「シー」というヒスノイズを、ほぼ無い状態で録音再生することができます。これがあれば、再生能力が高い3ヘッドでなくとも、メタルテープ並みの音質を楽しめます。ただ、バイアスの調整機能がないので、どんな音質で録音されるかはテープによってしまうのが惜しいところですが、長時間にわたって音声を録音することに重きを置くならば、無くても十分なのかもしれません。

 他にも、複数曲を飛ばしたり戻したりする選曲機能もありますし、オートリバースの特権であるリピート再生機能もありますので、再生用のデッキとしては申し分ありません。

 最後にV-R1の面白い機能が、電動式のボリュームです。録音レベルの調節ボタンを押すと、レベルを示す緑のLEDが左右に「うぃーん」と動きます。デジタルな数値で表示する電子式ではなく、モーターでアナログのボリュームを動かしているという電動式です。

 オートリバースの利点をとことん伸ばして、便利性を追求している1台だと思います。

 


 

故障しやすい部分 <ゴムの劣化>


 どんなカセットデッキでも、ベルトを始めとしたゴム部品は経年で劣化するものです。V-R1もベルトの劣化はもちろん進行していきますが、さらに画像の部分が凄い事になっていました。赤○の部分は、テープが弛まないように抑えておくためのブレーキです。ここがゴム製で、このように溶けてしまっています。こうなってしまうと、たとえば早送りから停止するときに、ブレーキが掛からないので惰性でテープが回ります。

 無くても動きますが、テープを保護するための大事な部品です。

 もう一箇所、V-R1に劣化しやすい部分があります。それが、アイドラーゴムの劣化で、アイドラーはモーターを動力をリールの回転にする役割があります。しかしゴムが硬くなったりして摩擦力が低下すると、空回りするようになってリールを回せなくなります。

V-R1のメカの仕組み


 V-R1のメカの後ろ部分を分解してみてみると、このような歯車が見えてきます。ここが、ヘッドの上昇動作と先ほどのブレーキを動作させる部分で、組み立てると画像右上のあたりにモーターが取り付けられます。そのモーターで、これらの歯車を回し、カセットテープの動作を行っているという仕組みです。

 

メカをすべて分解。


 最終的には、ここまで分解します。2019年には38歳になり、もう少しで40歳です。お年を召しても、元気に動いてくれるように、メンテナンスの方法はまだまだ改善中です。

 分解してみると、意外と複雑ではないです。1981年ごろには、そろそろコンピューター制御のデッキが多くなっているでしょうから、’70年代に多い鍵盤状のボタンを押す機械式のような複雑さは薄れていると思います。

 

ぎっしりと積み込まれた基板


 古いデッキだと、やはり基板の枚数は多くなって、回路も複雑になりがちです。V-R1は、向かって左側に機械の動作をコントロールする制御系、右側にはアンプの基板が2層になっています。その側面に、小さい基板が取り付けられているといった構成になっています。

 

 下から攻めていって、dbxの基板を取り外し、録音と再生のアンプがある基板を眺めています。配線が入り組んでいるので分かりにくいかもしれませんが、下の方に大きい電解コンデンサーが見えると思います。ここが電源です。電解コンデンサーのサイズが時代を感じます。現在だと耐圧25Vで4700μFの容量のものは、直径16cmで収まります。このV-R1にも4700μFの電解コンデンサーがありますが、優に20cmを超えます。

 もうひとつ、V-R1に欠かせない部品が、画像の真ん中の辺りに見える、2つの横に細長い金属の棒のような部品です。これはA面B面を切り替えるときに使うリレーで、再生方向が逆になるときに「ポンッ!」という切り換え音を発します。

 V-R1はマルチトラックヘッドなので、ヘッドが回転しない代わりに、両面とも同時に音を拾えることから、リレーでアンプに通す音を選択しているのです。近い例ですと、8トラックテープがあります。同じテープでもスイッチを切り替えると別の曲に変えることができる事と似ていて、難しい言葉でいうと、リレーでトラックを切り替えている、という表現になります。

 

シャープ製のICが使われている!?


 レベルメーターの部分にある基板を外してみると、なぜか「SHARP」と印字されたICが出てきます。おそらくメーター表示用のICだと思いますが、シャープのICはなかなか見ないですね。同じシャープ(オプトニカ)のRT-6というデッキは、当然ながら自社のICを使っていました。先ほどの基板の画像で、ドルビー用のICが見えているのですが、こちらも東芝製というレア品を使っています。

V-R1最大の武器 <電動式ボリューム>


 マルチトラックヘッドを使ったオートリバース自体も少数派で、実はソニーのウォークマンも同類だったりします。しかしそれよりも強い武器であるのが電動式のボリュームです。

 仕掛けを分解してみてみると、モーター→歯車→ボリュームの順でつながっていて、モーターが回れば歯車を介してボリュームのつまみが自動で回るという、なんともアナログな仕掛けです。

 電動式と呼んでいるのは、ボリュームをただモーターで自動的に回しているだけでなので、ミニバンのスライドドアを例にすれば、ボタンを押せば勝手に開け閉めしてくれるものを電動式スライドドア、パワースライドドアなどと呼んで、電子式スライドドアとは呼びませんよね。ポイントはモーターを使っているか否かでしょう。

 一方、電子式は、またまたクルマを例に出すと、電子制御式○○○○という言葉があります。たとえば電子制御式スロットルといったら、アクセル量をコンピューターが管理するというシステムで、コンピューターが絡むかどうかが、電子式とという言葉の装飾をするかを決めると思います。カセットデッキであれば、アカイのGX-R70というオートリバースデッキが、デジタルの数値で録音レベルを調節する方式です。これは電子式ボリュームといえます。

 

修理実績

愛知県内 H.さま

作業内容: フルメンテナンス

以下の故障症状がありました。

  • 録音のときにメーターが振れっぱなしになる。
       ↓
    電動式ボリュームの動作不良。歯車の引っかかりが原因でした。
       ↓
    同部分を取り外して引っかかりを直し、新しい潤滑グリースを塗って対処しました。
  • テープが再生途中に突然裏面を再生してしまう。
       ↓
    光センサーの信号を増幅するオペアンプの故障
       ↓
    オペアンプを新品に交換して修理しました。
  • 再生速度が遅い。
       ↓
    スピードの調整ずれと、ベルトの劣化が原因でした。
       ↓
    新品のベルトに交換し、調整用テストテープに速度を合わせました。

その他、フルメンテナンスのメニューということで、メカニズムのオーバーホールと、古くなった電解コンデンサーの交換まで行いました。また、ヘッドホン端子も破損していたので代替品に交換しました。