お問い合わせは、
 E-mail:  info@nishimurasound.jp
 TEL/FAX : 050-1557-6556




 

 昭和から平成にかけて発売されたカセットデッキ、ビデオデッキ。もう既に生産は終了しており、壊れたらもう替えがない...メーカーも対応してくれない...当店では、こんなお悩みを気にせず安心して末永くお使いいただけるようサポートいたします。生産終了した故、デッキの数々は年々希少性が高くなっていきます。この希少なデッキを、次の年も、また次の年も、健康維持出来るよう、調査・開発・実験に努力を尽くして参ります。

                                            代表 西村 祐輝

⇒音響店の公式ブログ
 過去に行ったデッキの修理やメンテナンスの様子などをご紹介しています。


 当店のメンテナンス作業のご紹介

★ご依頼品の到着後、状態を無料で診断。
 お客様からご依頼を受けたデッキが到着しますと、キャビネットを開けた状態で状態の診断を行います。故障している場合は具体的な故障個所と原因を、故障していない場合でも特にメンテナンスが必要な部分を、作業を行う前にご説明いたします。ご了承を頂いてからの進行となりますので、それまでは作業を開始いたしません。


★メンテナンス作業は、全機種において完全に分解します。





 機械的な部分のメンテナンスはどのような場合でも、全ての部品を取り外して行います。一点一点の部品を徹底的に清掃・潤滑を行っていくことで、新品に近い動作状態を取り戻します。取り外せる部分は全て外し、部分的な修理は一切行いません。


★本体内部まで、埃残さず清掃します。



 外だけではなく中も綺麗な状態であってほしいものです。そこで基板も取り外しの上、電子部品の間に溜まっている埃を残らず清掃します。また基板の下、本体の底部などあらゆる部分に溜まった埃・汚れも綺麗に清掃を行います。



★機器の検査は3段階。厳密な検査で不具合を残さず確認します。


基本検査

 基本検査では、巻戻し・早送り・録音の他、機種ごとに搭載されている機能のチェック、動作の様子の確認、さらに性能の確認も行っています。ヘッドアジマス、テープパス、再生速度、信号レベルといった各種調整もこの基本検査で行います。ヘッドアジマスについては、自己録再はもちろんのこと、多種多様の機種との互換性までも重視した調整を行っています。この検査に合格すると、次の動作検査へ進みます。


動作検査

 動作検査は、実際にテープを再生しての検査です。状態によっては再生中に突然停止するなどの不具合が発生することもあり、これらの症状はこの検査で発見することができます。1日にテープを2〜3往復再生させ、これを1週間を行って一つも不具合が発生しなければ最終検査へ進みます。不具合が1つでも見つかると再整備となるため、場合によってはもう暫くお待ちいただくことがございます。合格すると全部品の組み立て、外装の清掃を行った後、最終検査へ進みます。



最終検査

 最終検査では、お客様にも動画で動作確認していただきます。動画制作中が最終検査となり、もう一度基本検査の項目を行って検査漏れがないか最終確認を行います。お客様との動作確認が出来ましたら、作業完了となります。



★厳重な梱包で、お客様へご返却します。
 厚さのあるクッションを二重で梱包し、輸送中にダメージを受けないように配慮しています。特にメカが搭載されるフロント部分は四重梱包です。



 当店所有のデッキのご紹介



  その他にも、ベータデッキ(EDV-9000、EDV-5000、SL-HF500)を所有しています。





 西村音響店(代表:西村祐輝) 愛知県岡崎市伊賀町6−46
          古物商許可(機械工具商) 愛知県公安委員会 第543851602800号