A&D GX-Z9100EX


 

 
 1988年に登場したGX-Z9100が1回目のモデルチェンジをし、1989年のA&Dブランドの最上級モデルとして登場したのが、このGX-Z9100EXです。

 モデルチェンジとは言っても、マイナーチェンジくらいの変更で、大きくは変わっていません。減らされた機能もなければ新しい機能もありません。

 変わったところというと、スタビライザーが平ら状から凸凹状に変更されたほか、アンプに少し改良が加えられたくらいです。そのほかは、両者とも同じと言ってよいと思います。

 GX-Z9100EXに搭載されている機能は、先代のGX-Z9100と同じで、複数曲スキップする機能、再生ボタンを長押しすると1/2の速度で再生する機能、A地点B地点を設定して区間再生する機能、録音中の曲をやり直すのに便利なレックキャンセル、ディスプレイの消灯機能など、変わらず使えます。

 録音/再生ヘッドには、引き続き摩耗に非常に強いスーパーGXヘッドが採用されています。

 下のモデルにGX-Z7100EXというデッキが展開されていますので、これとの違いを挙げるといくつかありますが、まず、忘れてはいけない違いがサイドウッドの有無です。これが有るのとないのとでは高級感が変わってきます。おまけに重量が重くなるので、振動にも強くなるというメリットがあります。

 その他の部分で詳しく見ていくと、違いがあと3つあります。

 キャプスタンの回転に常にスピードが正確なクォーツロック制御を採用しているところが1つ目です。スピードがずれていると、他のデッキで再生したら音が低くなったり高くなったりする場合があります。クォーツであれば狂うことはほとんどないので安心です。 

 2つ目は、再生アンプにFET(電界効果トランジスタ)を使った回路になっていることで、ほとんど聞こえないような細かい音まで再生してくれるといった感じです。電気用語を使うとインピーダンスを高くできると言います。

 3つ目が銅メッキの骨組み(シャーシ)が使われていて、ノイズの原因となりえる電磁波などを遮断する効果を高めている点です。
 
 キャプスタンの回転にクォーツが使われているかは、大きな差だと思います。再生スピードが変わったら誰でもおかしいなと気付いてしまいますので、せめてスピードはしっかりと合わせておきたいものです。

残りのアンプの違いと銅メッキシャーシは、ノイズに強かったり、多少音質が良かったりというレベルですので、再生スピードだけ正しく調整することができれば、GX-Z7100EXでも十分楽しめますし、少しお安いです。

 あと、7100EXか9100EXを比べるところとしては、サイドウッドの有無になってしまうのではと思います。もちろん、サイドウッドがあれば高級なカセットデッキを持っているという喜びにもつながりますし、別にこだわらなければ、7100EXでも優等生です。

 1987年のGX-Z7000とGX-Z9000のように、dbxの有無というくらいの大きな差はないですから、ぜひお気に入りの方を選んでください。

 


 

GX-Z9100EXの音質

楽曲はフリー音源サイト「魔王魂」さまよりお借りしています。

 

きれいに部品を洗浄してイチから組み立てる。


 単に修理するだけではなく、部品は1つ1つきれいに脱脂洗浄します。

 部品には、動きを良くするために潤滑油となるグリースが塗られており、年数がたつと、油は硬くなってしまいます。すると、動きを良くするための役割はもう果たせません。

古い油(グリース)に継ぎ足すだけでも、動きはよくなりますが長い目で見て、再び年数がたったときに残ったままの古い油に何かあったらという心配があります。そこで、ぴかぴかの状態にしてから、新しい潤滑油・グリースを入れていく作業を行っているのです。

 

 洗浄する前はこんな状態です。部品に黒く塗られているのが、もうすぐ30年経過しようとしているグリースです。ゴム手袋をして作業をしますが、触ると手袋にしつこく付着してくる厄介ものです。

 ある程度グリースを落としたら、新しい手袋に換えて、きれいになった部品をまた汚してしまわないようにします。パーツクリーナーを使いますが、なかなか落ちないこともあり、グリースの硬化が進んでいるように思います。

 

 洗浄が終了した部品はポリ袋入れて保管します。組立の際に新しいグリースを塗っていきますが、埃が付着している状態は好ましくありません。

 

 新しいグリースは白色です。シリコーングリースという種類で、温度変化にも強く、プラスチック製の部品にも優しいという特徴があります。適度に粘度もあって、動作音も少し静かになるメリットがあります。

 

GX-Z9100EXのメカを上手に分解するには。


 メカを分解するのは誰にでも出来そうですが、上手に分解していくとなると少し難しい問題です。

 見えている部品を片っ端から外してもいいのですが、分解する時にできるだけまとまりで部品を外していくと効率がよいです。部品のまとまりをユニットやアセンブリーなどと呼びます。特にアセンブリーは略して「アッシー」とも呼ばれます。

アッシー単位で部品を外していくことを念頭に置いておくと、分解の難易度が下がります。ご自分で修理に挑戦される方は、ぜひご参考にしてみてください。

 GX-Z9100EXでの分解のポイントは、ヘッドがある前側と、キャプスタンのある後側を分離できるかです。以前は、前側から部品を1個1個外していっていましたが、前後に分離する方法にすると、作業の順番が整理しやすくて、アッシー単位で分解できることを知っておくと、万が一修理ができず他のデッキから移植するときも、アッシーごと丸々移植すれば短い時間で済ませることができます。

 

ピンチローラの軸にも注油が必要です


 回りの良いピンチローラーは、音揺れ(ワウフラッター)の低減にも寄与します。

 長年かけて少しずつ軸部分に埃がたまっていくと、やがて滑らかに回転しなくなってしまいます。すると、キャプスタンの回転に抵抗を掛ける格好となって、再生スピードが不安定になるなどの影響があります。

 そこで、GX-Z9100EXのピンチローラーは簡単に取り外せるので一旦軸から外し、埃を取り除きます。その後、オイルを1滴垂らしてから組立てます。一見修理とは関係なさそうに見える部分でも、実は音質にとても影響する部分です。

 

アイドラー用ゴムの交換


 アイドラーはモーターの動力をリールの回転に換える部品です。ゴムは外径16mmのものを使います。

 経年劣化でゴムが硬くなると、モーターが空回りしてやがて巻戻しや早送りが出来なくなります。同形状のゴムリングと交換しますが、交換する前に一度部品を脱脂洗浄します。特にゴムと接触する部分は、油分が付着していると交換しても改善はあまりないですので、念入りに洗浄することがポイントです。
 

 

GX-Z9100EXとGX-Z7100EX アンプの違い


 GX-Z9100EXはキャプスタンモーターがクォーツロックになっているだけではなく、アンプにも違いがあります。これも、改良前のGX-Z9100と同様です。

 GX-Z9100EXは、単体のFETを使った回路で、FETを使うと入力インピーダンスを高くすることできる、というと説明が難しいかもしれませんが、細かい音まで取りこぼさず音を拾うことができるという意味合いです。

 ピンクの丸で囲んだ垂直になっている基板が、GX-Z9100EXから追加されたものです。

※FET(電界効果トランジスタ)= 一般的に呼ばれるトランジスタとは構造が違うので、FETと呼んで区別します。 

 

 一方、下位機種のGX-Z7100EXはどうなっているのか見てみましょう。違うの黄色の〇で囲んだ部分です。

 9100EXと比べてみると、回路が簡単になっていて、こちらはオペアンプという集積回路(IC)1つを使った構成です。性能としてはもちろん9100EXの方が高いと思いますが、気にしなけば7100EXでも十分楽しめます。両者とも3ヘッドですから、基礎能力が高いです。