YAMAHA K-6


 

 

 1980年ごろのヤマハのワンウェイ・2ヘッドカセットデッキです。

 K-6の特徴は、一目瞭然、扉(カセットホルダー)がないことでしょう。使わないときは、ヘッドに埃などが付着しないように、保護カバーを被せておくことができます。電源ボタンが光るところもお洒落です。

 機能としてはいたってシンプルです。テープの録音、再生、早送り、巻戻しのみで、曲を飛ばしたり戻したりする機能はありません。余計なボタンがついていない分、デザイン性の高い1台に仕上がっているのではないかと思います。カセットテープに良い音で録音するためには色々な機能が欲しいところですが、その反面スイッチがたくさん並んでしまうことになります。カセットデッキは高機能・高性能が必ずしも良いわけではなく、デザインや操作性もデッキの魅力を決める要素です。

 
 


 

ベルトが切れて動かない。


 この時のK-6は、単にベルトが切れているだけでなく、ぐにゃぐにゃに溶けて、ベルトの形跡すら無くなっていました。劣化が進みすぎると、ここまで変化してしまうようです。

 

 プーリーに張り付いてしまっているので、地道に取り除いていくしかありません。机にゴムが付着したら無水エタノールで拭き取ることができますが、衣服につけたら大変です。この時のために、使い捨てのシャツか何かを準備しておくと気にせず作業できます。

 

 もう一か所、カウンターを回すためのベルトが切れていました。このベルトも溶けてしまっている状態です。ここのベルトが無いと、テープを回しても数秒で止まる症状が起きます。カウンターの部分には円形のマグネットが付いていて、このマグネットの回転をセンサーが検知してテープが回っているか回っていないかを判断しているという仕掛けがあります。ベルトが切れたらテープが回っていると認識できなくなるので、すぐ止まる症状が起きてしまうのです。

 

使わないときは、カバーを被せておきましょう。


 テープを再生しないときは、このようにカバーを閉めることができますので、閉めておきましょう。さらに、デッキ本体にも布などを被せておくと、メカ部分への埃の侵入を防げます。

 

K-6を下から覗いてみる


 K-6は基板が逆さまに取り付けられていて、電解コンデンサーなどの部品を見るにはデッキ底部のフタを開けます。画像の右側の小さい基板が、デッキの動作をコントロールする制御系の回路、左側の大きい基板がアンプの回路です。制御系とアンプがしっかり別の基板に分かれているので、カセットデッキの基本構造がとても分かりやすいです。どのカセットデッキも、回路は制御系とアンプの2種類から構成されています。

 

K-6のメカ構造


 K-6は、2つのモーターと、2つのソレノイドから構成される、1980年代初期のデッキには多く使われている形です。下のソレノイドがヘッドの作動を行い、上のソレノイドがテープの弛みを防止するブレーキの作動を担っています。

 YAMAHAのシールが貼ってあるモーターが、キャプスタンを回すモーターで、回転速度を維持するための回路が内蔵されたDCサーボモーターという種類になります。比較的お手頃なモデルにはよく使われているモーターです。

 

スペースが広い分、大型のフライホイールが使える。


 シングルキャプスタンでありながら、大きなフライホイールを使うことで、音揺れ(ワウフラッター)の低減を図るのが、特に’70~’80年前半のデッキで多く見られる方法です。シングルキャプスタンだと、フライホイールが1つしか必要ないので、その分大きくできます。大きくして重くした方が、慣性力も高まるので回転が安定しやすくなります。しかしバブル期になると、クローズドループ・デュアルキャプスタン方式を採用したデッキが多く見られ、小さなキャプスタンでも高い安定性を実現するようになります。