YAMAHA K-1xw


 

 

 1987年ごろの3ヘッドカセットデッキで、ヤマハの最上位モデルです。

 K-1xwの特徴的な部分は、まずは綺麗なサイドウッドでしょう。どちらかというと黄土色に近いような茶色でしょうか。サイドウッドというと、こげ茶色のような暗い色の木材を使ったデッキが多数です。その中で、比較的淡い色にして、かつ光沢仕上げがなされており、非常に高級感があります。

 カバーを開けて中を覗いてみると、電源トランスが2つ搭載されている光景が現れます。2つに電源を分散させることで、安定した電源をアンプに送ることができ、音質の向上に貢献しています。

 K-1xwの録音再生ヘッドは、ヘッドの金属にセンダストを使ったセンダストヘッドです。音はやや柔らかめにしつつも、クリアに高音域を出してくれるような印象でした。対して、後継のKX-1000は、アモルファス合金のヘッドを使っています。こちらは、音の輪郭がしっかりしている感じのやや硬めの音になります。

 ノイズリダクションには、最も効果の強いdbxを搭載しています。安いノーマルテープで、メタルテープ並みの音質を引き出すことも可能です。そのためには、録音バイアスの調整を正しくすることが大切になります。K-1xwには適切なバイアス量を教えてくれる機能がついており、高音質録音を手助けしてくれます。

 音質はもちろん、シルバーの本体にサイドウッドの組み合わせで、格好良さも感じられる1台です。
 

 

 


 

 

発生しやすい故障 <テープが絡む,巻戻しができない,再生できない>


 K-1xwの発生しやすい故障は3つ考えられます。1つ目は、テープが傷やシワになってしまう症状です。

 その原因が画像の黄色矢印のベルトです。ここが切れるとテープが蛇行したり絡まったりするようになります。

 カセットテープを真っ直ぐ送るためには、テープを張ってしわの無い状態にしてあげることが必要です。そのため、多くのカセットデッキには、再生中に向かって左側のリールを少し回りにくくする仕掛けがあります。これをバックテンション機構と呼びます。K-1xwはベルトがその仕掛けです。これが無くても再生は出来てしまうため、故障だと気付きにくいかもしれません。

 2つ目は、早送りと巻戻しができなくなる故障です。

 原因は、緑の矢印でさした部品にあります。これはアイドラーと呼ばれ、モーターの動力をリールの回転に変える部品です。ここにはリング状のゴムが使われており、劣化すると空回りするようになり、やがて巻き取れなくなります。同形状のゴムに交換することで解決可能です。

 最後の3つ目は、キャプスタンが回らず再生できなくなる故障が考えられます。

 K-1xwではまだ確認していませんが、同じ構造をしているTEAC V-5000では事例があります。いま切れていなくても劣化は進んでいるでしょうから、切れる前の交換すがおすすめです。劣化がさらに進むと、ベルトが溶けてしまう状態にまで進行してしまいます。

 

こんな故障もありました。 <何も操作ができない>


 K-1xwにはヘッドの上げ下げや、テープを止めておくためのブレーキ動作を行う、専用のモーターがあります。このモーターが動かなくなって、テープの操作ができないという故障もありました。

 専門的には「アシストモーター」と呼ばれています。原因はモーターの内部にある整流子とブラシが悪くなっている可能性が高いです。他のメーカーにも同じ構造のメカが使われていることを利用して、TEACのV-5000から移植して対応しました。

 部品が共通になっていると、このように移植する方法で延命を図れる確率が高いので安心です。

 

電源トランスが二つ。


 K-1xwは電源トランスを2つ設けて、より安定した電源を作り出すように工夫がされています。

 高級モデルの中でも、製造コストが高くなるためか採用例は少なく、大きな電源トランスを1つ使う形をとっている機種が多いです。2つの電源トランスを使っている機種は少数の部類に入るでしょう。同じく電源を2つに分けているのは、確認している限りではソニーのTC-K777ESⅡがそうでした。

 

交換した電解コンデンサー。


 K-1xwの電解コンデンサーはぜんぶで135個あります。

 これまで交換をしたカセットデッキの平均が100個ですので、多い部類に入るでしょう。特に、ノイズリダクションの回路に多数集まっています。

 

 ノイズリダクション用の基板は、このように縦に立っています。手前2枚がdbx用、奥の2枚がドルビー用の基板です。

 

 コネクタで接続されているだけで、簡単に取り外すことができます。この4枚の基板だけでも、電解コンデンサーは54個です。

 

ボタンの交換は高さ4mmのものを。


 ボタンも経年で劣化する部品の1つですので、新品に交換します。劣化すると反応が悪くなったり、違うボタンが反応したりする症状が出ます。

 ボタンの形状は様々ですが、K-1xwは、4つ足で、幅が5mm、高さが4mmのものを使います。高さの違いもあることに注意しましょう。間違うと半田付けは出来ても、いざ組み立てるとボタンを押せないという悲しい状態になります。

 

まだまだセンダストヘッド。


 K-1xwの録音再生ヘッドは、センダストのコンビネーションヘッドです。1987年ごろは、アモルファスヘッドが主流になっている頃ですが、ヤマハはまだセンダストを使っています。
 
 センダストヘッドは、どちらかというと柔らかく耳に優しい感じの音です。アモルファスヘッドの硬い音と好みが分かれる部分でもあります。

 

K-1xwのメカを分解するとこうなります。


 このK-1xwを修理できれば、他のメーカーでも同じメカを搭載しているデッキを修理することができます。ただし、配線だけは機種によって違いますので注意しましょう。もし部品交換する時にはテスターで極性を調べるなど、配線を間違って接続しないようにします。

 

サンキョー設計のメカニズム。


 現在の日本電産サンキョーが設計したメカニズムです。通な方だと「サンキョーのメカ」と言えばこれだと分かります。

 K-1xw以外にも、TEACのV-7000やV-5000に採用されていて、若干差があるもののベース構造は同じです。全く違うメーカーのデッキにも、同じ構造のものが使われていることはあります。これを利用して、違うメーカーのデッキと部品交換をするといった、面白いことも可能です。

 

最上級モデルなのにキャプスタンモーターは普通?


 K-1xwは定価10万円以上する高級デッキです。ですので、キャプスタンはダイレクトドライブ(D.D.)かと思ったら普通のDCサーボモーターです。全然D.D.であってもおかしくないと思いますが、何故なのでしょうか。