YAMAHA K-1xw


 

 

 1987年ごろのヤマハの最上級モデルです。

 K-1xwの特徴は、まずは綺麗なサイドウッドだと思います。サイドウッドというと、こげ茶色のような暗い木目のウッドを使っているものが多い中、K-1xwはどちらかというと黄土色に近いような茶色になるでしょうか。色彩には疎いので表現が難しいですが…光沢仕上げで、高級感も◎です。

 カバーを開けて中を覗いてみると、電源トランスが2つ搭載されている光景が現れます。2つに電源を分散させることで、安定した電源をアンプに送ることができ、音質の向上に貢献しています。トランス

 音質面では、ヘッドの金属にセンダストを使っており、音はやや柔らかめにしつつも綺麗に高音域を出してくれるような印象でした。後輩のKX-1000では、アモルファス合金のヘッドになるので、音の輪郭がしっかりしている感じのやや硬い音になります。

 あとは、ノイズリダクションに最強のdbxを搭載していて、安いノーマルテープで、高いメタルテープ並みの音質を引き出すこともできます。録音するときも、適切なバイアス量を教えてくれる機能がついていて、簡易的ながらキャリブレーション機能としても使えるので便利です。

 音質でKX-1000を選ぶのもよし、サイドウッドが良いからK-1xwを選ぶのもよし、どちらも捨てがたいのであればミックスするのもよし。

 ちなみにKX-1000、K-1xwは、カセットテープのメカ部分に関しては全く同じなので入れ替えできる可能性が高いです。まだ実験したことがありませんが、恐らく可能です。ヘッドの違いで音がどう変わるかの比較が面白そうなので、これも実験候補ですね。

 

 


 

 

発生しやすい故障 <テープが絡む or 回らない>


 K-1xwで発生しやすい故障は、再生、早送り、巻戻しなど、テープの動作ができないという症状や、再生してもテープが「くしゃくしゃ」という音を立てて、取り出してみたらテープが傷になっていたという症状です。

 そうなってしまうのは、メカに劣化しやすい部分があるためです。K-1xwでは3カ所あります。

 まず1つ目が画像の黄色矢印のベルトです。これはバックテンション用のベルトで、ここが切れるとテープが絡んだり蛇行するようになります。真っ直ぐ走らせるためには、テープを張ってしわの無い状態にしてあげることが必要です。そのため、多くのカセットデッキには、向かって左側のリールは再生中に少し回りにくくする仕掛けが設けられています。K-1xwはベルトがその仕掛けで、無くても再生は出来てしまうために、故障だと気付きにくいかもしれません。

 続いて2つ目は、緑の矢印です。これはアイドラーと呼ばれる、モーターの動力を伝達してリールを回す部品になります。ここにはリング状のゴムが使われており、劣化すると滑ってリールを回せなくなります。同形状のゴムに交換すれば解決可能です。

 最後の3つ目は、メカの後ろ側にあるキャプスタンを回すベルトです。まだこのベルトが切れているK-1xwを見たことはありませんが、同じメカを搭載するTEAC V-5000では事例があります。ゴム製のベルトですから、切れる前に交換するのがお勧めです。劣化がさらに進むと、ベルトが溶けてしまう状態にまで進行してしまいます。

 

こんな故障もありました。 <モーターの故障>


 画像は、ヘッドの上昇動作を行うモーターで「アシストモーター」と呼ばれています。このモーターが動かなくなって、テープの操作ができないという故障もありました。原因はモーター内部の整流子とブラシの可能性が高いと思います。他のメーカーにも同じメカが搭載されていることを利用して、TEACのV-5000から同じ部分を移植して対応しました。

 部品が共通になっていると、このように移植する方法で延命を図れる確率が高いので安心です。
 

交換した電解コンデンサー。


 カセットデッキ1台に使われている電解コンデンサーの数は、今まで交換した機種で統計をとると、平均で100個くらいです。K-1xwは平均より少ないか多いか、というと結構多くて、135個あります。特に、ノイズリダクションの回路に沢山集まっています。

 

 ノイズリダクション用の基板は、このように縦に立っていて、手前2枚がdbx用、奥の2枚がドルビー用の基板です。

 

 コネクタで接続されているだけで、簡単に取り外すことができます。この4枚の基板だけでも、コンデンサーは54個です。

メカはヤマハの設計ではありません。


 現在の日本電産サンキョーが設計したメカニズムで、通な方だと「サンキョーのメカ」と言えばこれだと分かります。K-1xw以外にも、TEACのV-7000やV-5000に採用されていて、若干差があるもののベース構造は一緒です。全く違うメーカーのデッキにも、同じ構造のメカが使われていて、なおかつ違うメーカーのデッキと部品交換をするといった、面白いこともできます。

 

K-1xwのメカを分解するとこうなります。


 このK-1xwを修理できれば、ご紹介したように他のメーカーでも同じメカを搭載しているデッキを修理することができます。ただし配線だけは機種によって違うので、もし部品交換する時にはテスターで極性を調べるなど、配線を間違って接続しないように注意です。

 

ボタンの交換は高さ4mmのものを。


 ボタンも経年で劣化する部品の1つですので、新品に交換します。ボタンの形状は様々ですが、K-1xwは、4つ足で、幅が5mm、高さが4mmのものを使います。高さの違いもあることに注意で、間違うと半田付けは出来ても、いざ組み立てるとボタンを押せないという悲しい状態になります。

 

電源トランスが二つ。


 高級機の中でも採用している数は少ないほうになると思います。同じく電源を2つに分けているのは、これまで確認している限りではソニーのTC-K777ESⅡがそうでした。電源を制御系用とアンプ用で分けることで、電源供給を安定させたり、制御系の回路で発生したノイズが電源部分を通ってアンプ部分に混入するということを防止できる、という利点があります。

 製造コストが高くなるためか採用例は少なく、大きな電源トランスを1つ使う形をとっている機種が多いです。

 

まだまだセンダストヘッド。


 K-1xwに搭載されているヘッドは、センダストのコンビネーションヘッドです。1987年ごろというと、アモルファス系のヘッドが主流になっている頃ですが、ヤマハはまだセンダストです。
 
 センダストヘッドは、どちらかというと柔らかく耳に優しい感じの音で、アモルファスヘッドの硬い音と好みが分かれる部分でもあります。

 

最上級モデルなのにキャプスタンモーターは普通?


 K-1xwは定価10万円以上する高級モデルなので、もちろんキャプスタンはダイレクトドライブ(D.D.)でしょ、と思ったら普通のDCサーボモーターです。全然D.D.であってもおかしくないと思いますが、何故なんでしょうね…