Victor TD-V711


 

 

 1987年ごろのビクターの最上級モデルです。

 1987年というと昭和62年ですから、まだ平成に入る前です。だいたいは平成になると、デザインが大きく変わって、「薄型でシンプル」から「分厚くてごつい」、という風に変わっていくデッキが多いと思います。TD-V711はふと見た感じでは、平成生まれのデッキに見えるようなデザインをしているのですが、実は昭和生まれなんですね。

 基本性能としては、3ヘッド方式で、キャプスタンの回転には安定したダイレクトドライブ、2つのローラーとキャプスタンで挟みこむクローズドループデュアルキャプスタン、骨組み(シャーシ)には銅メッキ、便利機能として曲スキップ/頭出し機能、音の最大レベルを数値で表示してくれる機能、といった感じで高級機に相応しいスペックを持っています。特に数値でレベルを表示してくれると、録音レベルの調整もしやすいので助かります。

 さらに、ビクターの工夫で、3ヘッドでも録音ヘッドと再生ヘッドが分離している独立懸架型にしていたり、ノイズリダクションを使わないときは回路を切り離してノイズの混入を徹底的に防いだり、さらには本体の底に大きな木製の板を取り付けて堅牢なボディにするなど、カセットテープの音質を引き上げるためのノウハウが詰まっています。

 ビクターの個性を存分に発揮している1台だと思います。他のメーカーのデッキと併せて使ってみると、音が全然違ったりして面白いです。TD-V711は中堅モデルですが、もう少しお手頃のほうが良ければ、1988年のTD-V631というモデルもおすすめだと思います。スペックが少し落とされていますが、音に関してはほぼ一緒です。

 

 

 

ビクターのメカニズムを分解してみる。


 分解してみるとあまり部品は多くなさそうに見えますが、部品1つ1つを取り外していくのではなく、ある程度のまとまりで取り外していくのが、ビクターメカの分解です。まとまりのことを専門用語でアッシー(略さずにいうとアセンブリー)と呼びます。似た言葉だと「ユニット」という言葉がありますね。分解するときもアッシー単位で分解できた方が、より簡単です。修理する時には、アッシーごと丸々交換するなんていう方法もあります。そうなると、修理という意味からは遠ざかるかもしれませんね。

 

 分解の手順を簡単にご紹介すると、まずここではキャプスタンのアッシーを取り外しています。ただネジ4本を外すだけで、ごっそり外れます。まずはこのように大きく外して、そこから細かく分解していきます。こうすると、組み立て手順も分かりやすいので、どのデッキでも分解するときは、まずは大きくまとめて、アッシー単位で外せないかを考えましょう。

 

 こちらが、リール台やヘッドの上下を行う歯車、そしてモーターが付いているブロックです。ブロックという言い方もOKだと思います。カセットデッキだと、磁気ヘッドと取り付けられている台座をまとめて「ヘッドブロック」と呼ぶ方もいるようです。

 

TD-V711を下から覗いてみる。


 画像の上側がアンプ、下側がデッキの動作をコントロールする制御系の回路です。ビクターのデッキは、カセットの扉(カセットホルダー)がフロントパネルと一体になっているため、メカを取り外すときはデッキの下から取り出す方法で行います。というよりも、制御系の基板が逆さまになっていて、デッキの底を開けないとケーブルを抜けないということもあるので、必然的にこの状態になります。

 

 デッキ底部のカバーは、このように銅メッキがされています。写ってはいませんが、この銅メッキカバーの下に、重たい木製の板が取り付けられています。振動対策としてデッキの重心を下げることによって、置いたときの安定性を高めているそうです。カセットデッキはCDのように揺らすと音が飛ぶということはありませんが、実際に揺らしてみると音揺れが発生することもあり、音は飛ばなくとも振動対策はきちんと行わなければいけません。特に録音中に揺らされたら、そこだけ音がビブラートするテープが出来上がります。