西村音響店

AKAI GX-93

AKAI GX-93

 

概説

1986年に登場したAKAIのフラッグシップカセットデッキです。AKAIで初めてサイドウッドが装着されたモデルでもあります。薄型のボディにサイドウッドが付いているので、横幅が広く見えます。

機能面では大幅に簡素化されました。キャリブーレション機能が無くなり、オーソドックスに録音レベル・バランス・バイアスが調整できるだけとなっています。その分、ボタンやスイッチの数も減り、AKAIのチャームポイントであるごちゃごちゃ感が無くなっています。

ノイズリダクションは、ドルビー方式のBタイプ・Cタイプに加え、ヒスノイズを皆無にできるdbxを搭載。実は、これまでAKAIのフラッグシップモデルにはdbxが搭載されませんでした。その代わり、オートチューニングなどのハイテク機能を搭載していましたが、このGX-93からは路線変更がなされているようです。

メカニズムは、1982年から採用されているものを搭載。テープを入れるとヘッドとテープが接触した状態で待機するので、再生ボタンを押すと一瞬で再生が始まります。録音/再生ヘッドはもちろんスーパーGXヘッド。

GX-93にはボディーカラーが2色あり、ブラックのほかにシャンパンゴールドが存在します。AKAIのシャンパンゴールドはとても希少です。確認している限り、このGX-93と、A&DのGX-W930しか存在しません。

1987年からはA&Dブランドへと変わり、外観そのままにGX-Z9000に名を改めて再登場します。しかし残念ながら、GX-Z9000になってからはシャンパンゴールドは無くなり、ブラックのみとなりました。電子回路に若干の改良が施されていますが大差はありません。極論を言うと、GX-93とGX-Z9000の違いはブランドのロゴだけです。

AKAIが好きならGX-93、A&Dが好きならGX-Z9000です。

 



 

外観の詳細画像

サムネイル画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

AKAI GX-93 カセットホルダ
【カセットホルダ】
開閉は電動式。クォーツロック搭載のGX-93は、リッドに「Quartz Lock」の文字が入る。
AKAI GX-93 メーターとボリューム類
【メーターとボリューム類】
dbxを搭載するため、メーターは最大+12dBまでと範囲が広い。GX-93はデッキ背面のライン出力のレベルもボリュームで変えることができる。(GX-Z9000では不可)
AKAI GX-93 操作ボタン
【操作ボタン】
ボタンは大きく操作しやすい。今までオートチューニングを自慢げに搭載していたAKAIだが、GX-93では非搭載でボタンの数が大幅に減っている。
AKAI GX-93 デッキ背面
【デッキ背面】
入出力端子は1系統ずつ。型番と製造番号の表記が違うほかは、後継のGX-Z9000と同じ外観である。
AKAI GX-93 1987年製のサイドウッド
【サイドウッド(1987年製)】
このGX-93はGX-Z9000と同じダークブラウン調のウッドを装着していた。ただし、GX-Z9000と相互に付け替えができるため、真相は定かではない。

AKAI GX-93 製造番号と製造年
【製造番号と製造年】
5桁-5桁の製造番号もこれで最後。1987年製ということで、末期のGX-93である可能性がある。
AKAI GX-93 サイドウッド 1986年製
【サイドウッド(1986年製)】
1986年製のサイドウッドは色が若干淡い。木目の柄もはっきりしたものとなっている。

 

デッキの内部

キャビネットオープン

 

サムネイル画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

AKAI GX-93 アンプ基板
【アンプ基板】
ノイズリダクション用ICは、日立のHA12090NT。GX-Z9100EXの世代まで使われた。
AKAI GX-93 バイアス発振回路
【録音ヘッドの配線】
GX-93ではグランドが1本で3ピンのコネクタだが、GX-Z9000ではグランド2本の4ピンコネクタに変わる。93と9000でヘッドやメカの移植は可能だが、唯一録音ヘッドの配線は移植できない。

 

デッキの分解画像

サムネイル画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

AKAI GX-93 メカニズム
【メカニズム】
AKAIの高級モデルではお馴染みのメカである。経年劣化したモーターが原因で動作音がうるさくなる現象も、このメカでは日常茶飯事。
GX-93 メカニズム分離
【ヘッド部分とダイレクトドライブを分離】
GX-F71の世代から構造は全く変わっていない。GX-93はリニア分数カウンターではなく、シンプルな4桁カウンターだが、回転センサーは両側についている。
AKAI GX-93 分解したパーツ
【カム関係の部品】
汚いグリース塗れになっていた部品だが、洗浄で綺麗な状態になっている。
AKAI GX-93 dbx基板
【dbx基板】
メインのアンプ基板にコネクタで接続されているだけなので、簡単に脱着ができる。dbxの用のICには松下電器のマークがある。
AKAI GX-93 スーパーGXヘッド
【スーパーGXヘッド】
コンビネーションタイプを搭載。摩耗しているものを見かけないほど耐久性に優れているが、稀にハズレにあたることがあるので注意。
ご臨終スーパーGXヘッド
【ご臨終スーパーGXヘッド】
自然に生じたのか人の手によって生じたかは不明だが、稀にヘッドの表面に段差ができているものがある。ただ、過去にこのような状態になっているものは、全て手が加えられた跡があった。
AKAI GX-93 制御系回路基板
【制御系回路基板】
ダイレクトドライブの回路が異なるほかは、下位モデルのGX-73と同じ。移植も可能で、例えばGX-93をFGサーボ仕様にすることも可能。(メリットはあまりないが…)

 

撮影に協力してくださった方
・埼玉県 「tochan」さん (1986年製)
・兵庫県 「モモゾウ」さん (1987年製)

 

 

Return Top