西村音響店

AKAI GX-F71

 

 

概説

 1982年に発売された3ヘッド方式の中堅モデルです。これまではごつごつした印象だったAKAIのカセットデッキですが、スタイリッシュな容姿にフルモデルチェンジされました。

 シルバーの薄型ボディが特徴で、操作ボタンも凹凸が少なく、横から眺めても非常にすっきりとしています。光る電源ボタンもポイントです。触る頻度が少ないスイッチやボリュームは、本体中央にあるカバーの中に隠れています。

 この世代からメカニズムの設計が一新されました。ソレノイドを使用した「ガチャン!」というやかましい設計から、モーターで動作を行う設計に変更されています。これにより、カセットを入れるとテープとヘッドが接触した状態で待機するという動作が実現可能になりました。再生ボタンを押すと間を置かず演奏が始まる動きは、AKAIのカセットデッキの大きな特徴です。なおこのメカニズムは、赤井電機が最後に世に送り出したGX-Z9100EVの生産終了まで、約12年も継続して採用されることになります。

 録音/再生ヘッドには、磨耗に非常に強いスーパーGXヘッドを搭載しています。しかし、先代のGX-F90などと比較すると若干形状が異なっており、小改良がされていると思われます。また、メカニズムの一新により、テープの走行方式がクローズドループデュアルキャプスタンとなりました。

 録音関係の調整は全自動です。ボタン一つで、録音感度の補正・バイアス調整・イコライザー調整を行います。なんと下位モデルのGX-F51にも搭載されており、オートチューニング機能をかなり推していたようにも見て取れます。

 レベルメーターは、ピークレベルとVUを切り替えることができるのもAKAIのカセットデッキの特徴です。薄型ボディになってディスプレイが小型になった分、メーターが小さくなって少し見づらくなってしまったことが惜しいところ。
 
 すっきりとした外観にオートチューニング機能を搭載した、Stylish &Intelligentな1台です。

 

 

 

メカニズムをぜんぶ分解するとこうなります。


 赤井電機の3ヘッドデッキ用のメカニズムです。テープを入れると、ヘッドがテープに接触した状態で待機して、すばやい再生動作を行う、独自のシステムになっています。実は、このメカニズムは途中で改良はされるもの、10年以上採用し続けられました。

 

オートテープセレクターの弱点?


 自動的にテープの種類(ノーマル・ハイポジ・メタル)を識別する、オートテープセレクターが付いています。前のモデルの実機をまだ見ていないので確証は持てませんが、恐らく1982年のGX-F91、F71、F51から付いた機能だと思います。先輩にあたるGX-F80は付いていませんでした。ただ、このオートセレクターの検出スイッチが経年で接触不良を起こすケースが多いです。もし、テープポジションの表示がピカピカ点滅している場合は、接触不良の可能性が高いでしょう。接点をエタノールや洗浄剤で、接点をきれいに掃除することで解決できます。ヤスリ掛けまでする必要はありません。

 

ボタン交換だけでも難易度は高め。


 ボタンが古くなると、押しても反応しにくくなることがあります。これはボタンを押したときにながれる電流が流れにくくなり、ボタンを押したとデッキが認識できにくくなるためです。これを予防するために、ボタンも新品に交換します。

 ただ、先ほどの配線の複雑さをご紹介しましたが、この基板を外すだけでも大変です。例えば、平成に入ってからの機種は、全部の基板を取り外すのに30~60分程度で済みますが、GX-F71は少なくとも倍の時間は掛かる気がします。

 

GX-F71のスーパーGXヘッド


 スーパーGXヘッドのGXは、Glass Xtalの略で、訳すとガラスの結晶です。このヘッドの長所は摩耗に非常に強いことで、製造から36年が経過しているにもかかわらず、ヘッド表面にすり減った痕跡がありません。

詳しい構造は分かりませんが、金属素材としてはフェライトがベースになっていて、表面にガラスのコーティングがされているといった具合でよいかと思います。フェライトは高周波の電流を流しても損失が少ないという特徴があって、高音域の信号もしっかり拾えることから、オーディオ用のヘッドには適しています。もともとフェライトはすり減りにくいですが、そこにガラスコーティングまで行って、ほぼ減らないヘッドを実現していると思います。

 

 ヘッドをきれいにする前はこのような状態でした。ジャンク品ではよく見かける光景です。これを2種類のヘッドクリーナーで掃除にすると、先ほどの画像のように輝いたスーパーGXヘッドになります。

 

マーキングしないと大変なことになります。


 GX-F71の最も厄介なところといってもよいかもしれません。修理をするときには、メカを本体から取り外さなくてはなりませんが、実はこれが難関です。画像を見ていただくと、コネクターが使われていないのです。つまり、1本1本、はんだを溶かして基板から抜いていかなくてはなりません。

 磁気ヘッドだけはコネクターが付いていますが、そのほかの配線は半田付けです。1本1本外すことになるので、どこに接続されていたか分かるように印をつけておきます。僕はこれをマーキングと呼んでいますが、これを忘れると元に戻せなくなります。もし忘れてしまった場合は、同じGX-F71をもう一台用意して、どの線がどこに接続されているかを確認しながら、戻していくしかありません。

 

 先ほどはメカの取り外しで行うマーキングでしたが、今度は電解コンデンサーを交換するときに基板を取り外すシーンです。こちらは、コネクターが使われていますが、本数も非常に多いため、やはりマーキングが必要です。メカの取り外しでは、A,B,C…と印をつけて、基板を取り外すときは、壱,弐,参…と漢数字を使いました。

 

アカイ3ヘッド用メカの初期型?


 メカニズムの基本構造は最終モデルまで踏襲されるのですが、モデルごとに見ていくと、わずかに違いがあります。GX-F71は、このタイプのメカを初採用したということで初期型と分類できます。例えば、上の写真を矢印の部分、ここは左側のリールですが、右側のリールと比べてみると形が違うのが分かるでしょうか。左は丸の形、右は凹凸の形をしています。

 

 1987年のGX-Z9000と比較してみましょう。こちらは左側のリールにも凹凸がつきました。この凹凸というのは、リールの回転をセンサーに認識させるためにあります。GX-F71ではセンサーは右側しかなかったのですが、GX-Z9000では両側にセンサーを設けているので、凹凸は両側とも必要になります。

 


Return Top