ドルビーCには初期型と量産型がある。

カセットデッキのいろは 第54回
 

皆さん、こんにちは。西村音響店の西村です。

いつも音響店のブログをご覧くださり、ありがとうございます。


 

今回はノイズリダクションの中でも、ドルビーCについて深掘りしてみましょう。

1980年代のカセットデッキであれば、ドルビーCが搭載されていることが殆どです。ですが、同じドルビーCでも2種類存在するのはご存知ですか?

 

実は、ドルビーCが登場したばかりの1981~1982年ごろと、それ以降では、回路に大きな違いがあります。

 

 

初期型は、B+B=C。

 ドルビーCの登場から間もないころは、ドルビーB用のIC回路を2つ連結してドルビーCとしていました。

 B+B=Cと計算式で表現してみましたが、まさにその通りなんです。

 早速ですが、実際の回路の写真を見てみましょう。1982年のAKAI GX-F71です。

(画像をクリックすると拡大表示します)

 黄色で囲んでいる部分に、ドルビー用のICがあります。この機種は合計で8個です。

 再生用に4個、そしてGX-F71は3ヘッドデッキですので録音用にも4個、合計で8個ですね。

 さらに先ほどの、B+B=Cということから、左右の音声で2個ずつ必要ということがわかります。

 

 ノイズリダクションの回路だけでも、基板の面積をかなり使ってしまう構造になっているのが、この頃のデッキです。

 

 ドルビーCが登場したのは、1981年です。この年から、ドルビーCを新たに搭載したカセットデッキが各社から発売されました。

 それまでのドルビーBと比べて、ノイズ低減効果が2倍になり、ノーマルテープでも殆どノイズが無い状態になります。単純に考えれば、ドルビーBを2回掛けているということになるわけですね。

 

 

量産型は、B・C兼用のIC。

 ドルビーCの登場から年月が経つと、BとCが1個のICにまとまります

 実際に回路の写真を見てみましょう。1984年のSONY TC-K555ESⅡです。

 今度は、ICが4個しかありませんね。

 内訳は、再生用に2個、録音用に2個の、計4個です。
 
 

 BとCを兼用できたことによって、回路がコンパクトになっています。では、BとCの切り替えはどのようにしているかというと、ICの内部で行っています。

 OFF/B/Cを切り替える端子があり、この端子の電圧を変えることでモードが切り替わるという仕組みです。

 

 このように少ない個数のICで回路の構成ができるようなったことで、コストの削減にもつながったと思います。初期のころは、コスト削減のため、ドルビーCが省略されているモデルも存在しました。

 ですが、BとCの兼用ICが量産されたことにより、低価格のカセットデッキにもドルビーCが標準装備されることになったことでしょう。

 

 

最終型は、左右の信号まで1個のIC。

 初期型、量産型、最終型というのは、僕が勝手に読んでいるだけですが、実は量産型の次があります。

 ここでは最終型と呼ぶことにしましょう。

 

 この最終型は、ドルビー用ICの個数がさらに半分になります。つまり、2個です。

 実際に回路の例を見てみましょう。1995年のSONY TC-KA3ESです。

 たった2個しか使われていません。

この機種はドルビーSも搭載されていますが、ドルビーSは別な回路が必要ですので、ここでは数えないことにします。

 ということは、再生用と録音用にそれぞれある1個のICで、左右両方の信号を処理できてしまうというわけです。半導体技術の進歩は恐ろしいですね。

 

3つの世代間でやはり誤差はあるのか

 「ドルビーCは他のデッキでは上手くされない。互換性がとれない。」などという印象があります。

 

 録音する曲のジャンルにもよりますが、基本的には世代が離れると、互換性がとりにくくなります。

 どうやらカセットデッキにも、世代間ギャップというものがあるようです。

 

 互換性がとれない状態ですと、音が少し籠ったり、音の余韻が消されて聞き苦しい音になったりします。オーディオ用語でいうと、「ハイ落ち」と「ブリージング(息継ぎ)」です。

 

 このような現象が発生しやすいのがドルビーCの特徴で、録音したデッキと違うデッキで再生しようとすると難しい部分があります。

 解決方法としては、録音したデッキで再生する、ノイズ低減効果は薄くなるがドルビーBを使う、という手法があります。

 

 究極は、ノイズリダクション無しです。これが一番汎用性が高いでしょう。

 ノイズリダクションの精度は、どうしてもデッキの調整状態や、回路の差異に依存してしまいます。

 

 

まとめ

 今回は、3世代のドルビーCについて、お話ししてまいりました。

 カセットテープのヒスノイズを減らす量が増えるほど、処理が複雑になります。それに従って、互換性がとれず音がおかしくなる、という現象も顕著になってしまいます。

 

 そのような事もあって、今さら考えるようなテーマではありませんが、ノイズリダクションを使うべきか否か。使うのであれば、どのタイプを使うのか。

 それぞれ意見や方針があると思います。

 

 僕は、多種多様なデッキで再生するということが多いので、ドルビーBが主体です。ただ、ハイポジやメタルを使うのであれば、OFFが良さそうです。ハイポジは元々ノイズが少ない、メタルは録音レベルを大きく取れる、といこともあります。ですから、ノイズリダクションはノーマル用といった感じです。

 

 皆さんは、どのようにノイズリダクションを活用していますか?あるいは活用していましたか?

 時間がありましたら、少し教えていただけると嬉しいです。

 

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

レンタルデッキ更新情報ー新たに4台追加&2台利用が可能になりました。

 

皆さん、こんにちは。こんばんは。西村音響店の西村です。

いつも音響店のブログをご覧くださり、ありがとうございます。


 

今回は、音響店のレンタルサービスに新たに追加となったデッキをご紹介します。

今回追加となったのは、

  • AKAI GX-R60EX (1986年製)
  • AKAI GX-R66 (1984年製)
  • SONY TC-V7 (1983年製)
  • Technics RS-2630U (1975年製)

以上の4台です。

 

AKAI GX-R60EX

 昭和61年(1986年)のオートリバースデッキです。

 2ヘッドなのに、ヘッド本体の中身が3ヘッドの構造をしている、ツインフィールド・スーパーGXヘッドを搭載しています。音質は3ヘッドを凌駕するくらい良く、しかもスーパーGXヘッドですから、摩耗にも非常に強いです。

 

…というのは、もうすでにご存じかもしれません。

 

ジャンク品だった時のGX-R60EX

 もともと、このGX-R60EXは、テープが酷く絡みついてカセットが閉じ込められている状態でした。まずは、カセットテープの救出から行いました。

 ベルト切れはしておらず、ヘッド回りを掃除すれば再生できる状態でした。ですが、潤滑油(グリース)の劣化も懸念されるため、オーバーホールです。

 この機種はGX-R70EXの1つ下のモデルですので、機械的な部分はR70とR60とも全く同じです。電子式のボリュームや、録音関係の機能の一部が省略されたのがGX-R60EXです。

 

 そしてオーバーホールが済んだと思いきや、こんな不具合がありました。

  • テープの再生はできるが、左側のメーターが振れない
  • 録音モードにすると、ライン入力の右側しか音が出ない

 電気系の原因だと思いつつ回路を辿っていくと、ライン出力/入力端子の近くにあるオペアンプに原因があるのではないかと考えました。

 しかし、最終的に判明した原因は、単なるはんだ割れ。クラックでした。

 

 同じ型番のオペアンプが2つ使われているので、入れ替えてみましたが改善は見られませんでした。ですので、オペアンプが原因ではないとここで判明します。

 その後、ケーブルの方を辿って確認してみたら、はんだに亀裂が入っているのを発見しました。はんだを吸い取って、はんだ付けしなおすと、あら不思議。何もなかったかのように音が出ました。

 ケーブルだけでなく、マイコンの端子にも亀裂が見られました。はじめは特に問題なく動作できていましたが、いつの間にか動作が不安定に。治ったり、おかしくなったりを繰り返すようになりました。接触不良が原因のときによく見かける症状ですね。


 

 ちなみに、疑ったオペアンプですが、一般的なオペアンプとは少し違う特殊なものです。入力が2系統あり、出力が1系統で、入力切替え用の端子があるというものです。

 外見は端子が縦1列に並んだSIPパッケージのオペアンプで、まだ電子部品屋で売っているもので代用できそうに見えます。ですが、残念ながら無理です。

 型番の「M5201L」で検索してみるとデータシートが見られます。例えば、オペアンプの中でも有名なNJM4580と回路を比較してみると、似て非なるものです。

 もし、M5201Lが壊れた場合は入手が難しいので、ほかのデッキから移植してくる手法をとることになります。別に入手も可能ですが、まとまった数(ロット)でしか入手できないため、1個、2個だけ入手するのは非常に割高です。

 そもそも、製造からまだ33年ですので、壊れるにしては少し早いのかなと思います。さすがに40年近くになると、故障するオペアンプも出てきます。′80年代前半の機種には多いです。

ピンクで囲んだICが、M5201Lです。

 



 

 

AKAI GX-R66

 同じくAKAIのオートリバースデッキ、昭和59年(1984年)のGX-R66です。

 この機種は、3つの面白いネタを持っています。

 

①カセットテープなのに、プレイリストが作れちゃう!?

 プレイリストとは、自分で好きな曲をどの順番で再生するかを決めるものです。今日ではもう当たり前の機能になっていますが、プレイリストの思想自体はカセットテープにもありました。

 例えば、「レンタルCDを借りてきて、好きな曲だけをテープに録音していく。」これも立派なプレイリストです。マイ・ベストコレクションなんて呼んだりもするのでしょうか。

 ただ、これではプレイリストを作るごとに新しいテープを用意しなくてはなりません。そこで、登場するのがGX-R66。デッキが自動的に曲数を数えて、希望の曲まで勝手に飛ばしてくれるという優れものです。

 上位機種に、GX-R88、GX-R99というデッキがありますが、この2台には同機能は付いていません。R66と、一つ下のR55だけの機能です。

 

②テンキーが付いている『変態デッキ』。

 プレイリスト機能があるだけでも十分『変態』かもしれませんが、GX-R66はテンキーが付いています。カセットデッキにテンキーが付いているのは、非常に珍しいです。

 

 カセットデッキの中に複数曲をスキップできるものもあります。この類は選曲ボタンを繰り返し押して曲数を指定します。例えば、「3曲飛ばしたければ、選曲ボタンを3回押す。」といった具合です。

 再生中の曲から数えて、何曲先なのか、あるいは前なのかで、選曲を行うというのがカセットデッキでは多数派です。

 

 しかし、このGX-R66は曲番号を入力するというユニークな選曲方法です。

 

 さらに、R66には曲の頭を次々に再生するイントロスキャン機能が付いています。この機能自体はさほど珍しくありませんが、テンキーが付いているR66しか不可能な事。それが、秒数指定です。

 テンキーで秒数を入力するという、まるでコンピューターのようです。普通は、機種によって曲の頭を何秒再生するか決められていますが、R66は自分で決めることができます。

 

 テンキーによって機能の自由度が高まったと思いますが、視覚的にもインパクトがあります。



 

③AKAIのカセットデッキで初のdbx搭載モデル

 調べた限りでは、AKAIのカセットデッキで最も早く搭載したのがGX-R66でした。

 上位機種のR88、R99には搭載されておらず、ドルビーB/Cのみです。また、下位機種のR55、R44にも搭載されていません。

 

 ですから、dbxが使えるのはR66だけ

 

 dbxというと高級機種に搭載されるイメージがあるかもしれませんが、別にそうでもありません。

 オートリバースデッキにdbxを搭載して、安価に音質向上を狙い、コストパフォーマンスで勝負をする戦略もあると思います。実際に定価5万円台でもdbxを搭載しているデッキが存在します。

 

 R66は定価7万円台でそれほど安価ではありませんが、先ほどご紹介しましたGX-R60EXは定価6万円台でdbxを搭載しています。下手に安価な3ヘッド方式を選ぶよりも、高機能なオートリバースデッキを選ぶ方がかえって音が良いこともあります。

 

 

SONY TC-V7

 昭和58年(1983年)のオートリバースデッキです。普通のオートリバースデッキかと思いきや、ちょっと変わっっています。

 面白ネタとしては2つ。

 

①リニアスケイティング方式

 カセットデッキの中では少数派の部類になりますが、ソニーでは案外普通かもしれません。ベータマックスでも同方式が採用されています。

 OPEN/CLOSEボタンを押すと、トレイ(正確にはメカ)が前にせり出してきます。

 

 TC-V7以外にも、TC-FX606RやTC-K88もリニアスケイティングです。

 

②録音はオートリバースできない!?

 オートリバースなので、録音も再生も、A面が終わったらB面も続けてできると思ったら、なんと録音は一方向しかできません。録音だけはA面が終わったら自分で裏返します。

 

 理由は、消去ヘッドの位置にあります。一般的なオートリバースのデッキでしたら、消去ヘッドも回転します。

 しかし、TC-V7は消去が固定されているのです。回転するのは、録再ヘッドだけです。

 

 なぜ、このような構造になっているか、僕も見当がつきません。

 『変態デッキ』です。



 

 

Technics RS-2630U

 レンタルデッキ初の、’70sカセットデッキです。

 製造年は昭和50年(1975年)で、2019年現在では44歳です。

 

 ’70年のカセットデッキというと、「音、悪いんじゃないか?」という印象があるかもしれません。ですが、それが逆に、これぞアナログという柔らかくて温かみのある音とも言えます。

 『カセットテープの音質』のイメージとしては、’70年代のデッキが最も近いのではないかと思います。

 実際に聞いてみると、そこまで音は悪くありません。’70年代の洋楽や、演歌にはとても相性がよさそうです。

 

 必ずしも、高音がしっかり出ているのが高音質というわけではありません。雰囲気も味わうのも、楽しみ方としてはアリですよ(^^

 アナログでしか味わえない音という視点で比べたら、’70年代のデッキが勝ります。

 

 ’90年代のデッキと一緒に使ってみて、是非、音を比べてみてください。まったく音の雰囲気が違います。



 

 

レンタルデッキの2台利用が可能になりました

 商品一覧のページに緑色で表示された機種は、2台利用が可能な商品です。1つのコンテナに収まる組み合わせであれば、2台同時にお使いいただけるシステムになりました。


 

 片道送料と消費税込みで、料金は7,560円。1台利用の料金に+1,080円で、同時に2台レンタルができます。

 

 2台利用をご希望のお客様は、専用の申込みページを設けましたので、こちらからお申込み可能です。

 

 1台目にサイズの大きな機種、2台目に一回り小さい機種が選べます。メニューから選べる組み合わせでしたらOKです。

 

 

今後のラインナップ予定

  • SONY TC-KA3ES(取扱説明書+リモコンをセット)
  • SONY TC-U4(変態デッキ)
  • AKAI GX-R88(クローズドループ・デュアルキャプスタン・バイ・ツインDD)
  • A&D GX-W930(ダブルカセットデッキ)
  • ヤマハ KX-W600(ダブルカセットデッキ)
  • パイオニア CT-Z99(ダブルカセットデッキ&変態)
  • ビクター KD-A6(歴史上重要なデッキ)
  • ビクター DD-5(変態デッキ)
  • ビクター TD-V66(メタパームヘッド)