TEAC R-616X dbx搭載のオートリバースデッキ

 

3ヘッドデッキを多く取り扱っていますが、今回はオートリバースデッキを取り扱います。TEAC R-616Xは、dbxを搭載したオートリバースデッキです。

決して高級なデッキではありませんが、3万円クラスに、dbxをプラスしたモデルと言ってよいと思います。


内部はシンプルな構成です。dbx回路も含めて、1枚の基板にまとまっています。各ブロックを色枠で囲んでみました。

紫・・・電源
青・・・録音/再生
黄・・・dbx
橙・・・ドルビー
桃・・・システムコントロール/モータードライブ

高級機種になると、アンプとシスコンが別々の基板になってきますね。

通電確認です。動作もベルト切れもなく問題ない状態ですが、このまま終了はしません。もちろんメカを降ろして、点検していきます。

メカの背面ですが、2モーター構成となっているのが確認できます。このメカはTEAC独自メカではありません。

ちなみにこのR-616Xは1989年製で、同時期にR-9000も発売されていましたが、こちらは3モーター構成の独自メカを搭載しています。

メカは後ろから引き抜きます。引き抜くときは、扉をオープン状態にして干渉を避けながら取り外します。前面パネルは取り外す必要はありません。

メカには同形状の3ピンのコネクタが2つありますので、組立て時に違わないよう、画像での記録や、マーキングをしておきます。

メカの取り外しに成功しました。

ケーブルの取り外しで、先ほどの基板側のコネクタと、メカ背面に4つのコネクタが刺さっていますので引き抜きます。

録再ヘッドのケーブルは、非常に細いので誤って断線させないように慎重に行います。このコネクタだけ、ラッチで固定するタイプですので、ラッチのロックを外すだけで、軽く抜き取ることができます。

扉の取り外しにかかります。まずは扉のロック部分を外します。左右に比較的大きなネジで固定されています。

左側には、スプリングが付いており、EJECTボタンを離したときに、扉をロックする状態に戻る構造になっています。このスプリングも外す必要があります。これは、多くのカセットデッキに採用されている構造です。パワーローディングでも多くは、このロック機構を自動で動かしています。ただしAKAI/A&Dの3ヘッドメカは異なっています。


底部にはケーブルが固定されているので、ネジごと外します。扉に付いている、ディレクションインジケータのLEDに繋がっているケーブルです。


次に小さいネジが左右2つずつ固定されています。これを外すと扉が外れます。ただし左側にオープン用のキックスプリングが入っていますので、先に取り外ししておくと安全です。

基板は金属部分の突起を捻じ曲げて固定されていますので、ラジオペンチなどで、穴に合わせてまっすぐにすると引き上げることができます。この下にネジがありますが、これがキャプスタンモーターの枠ぐみを固定しているネジの1つです。そして下部分にも2つネジがあります。この段階で、同時にキャプスタンモーターの配線も抜いておきます。

この様に綺麗に外れます。リバースのため、キャプスタンは2つです。リバースとよく呼んでいますが、バイディクショナルとも呼んだりします。

キャプスタンを外すと、ギヤが露出します。この構造が廉価機によく搭載されているメカの特徴です。キャプスタンモーターから動力を得てギヤを回転させ、ヘッドを上下します。その動力の断絶をソレノイドで行っています。

ヘッドブロックと、ピンチローラも外しました。ヘッドブロックの取り外しは少しコツが要ります。上方向に持ち上げた状態で、手前に引き抜くのですが、他の部分と干渉するので、上手く避ける必要があります。


ギヤとヘッド回転用のレバーを取り外しました。この辺りの取り外しが少し難しいかもしれません。実際のところ、このタイプのメカは故障率が低く、固着して動作が鈍くなる事例も聞かないため、メンテナンスの必要性が低いです。キャプスタンベルトの交換くらいだけになるかと思います。


扉のゴムダンパーが劣化して、勢いよく飛び出してきますので、新品のゴムに交換しました。

部品を組み立てて、メカの取付けですが、先ほど扉をオープン状態にすると解説したのがこの様子です。クローズ状態ですと、パネルの突起に引っ掛かって、上手く入っていきません。

組立てが終わって動作確認です。通常の2ヘッドですので、録音と再生を同じギャップ幅である以上、3ヘッドよりも信号の読み取り精度が劣りますが、dbxNRの入門にはよいデッキです。3ヘッドのdbx搭載デッキになると高級機種が多く価格も高くなりますが、お手頃なdbx搭載デッキという意味では魅力があると思います。

ただ価格相応に、動作のレスポンスはやや遅めです。この辺はコスト削減の為に、仕方のない事かもしれませんが、dbxを搭載しているだけでも、dbx入門機として重要なラインナップになるでしょう。

 

A&D GX-Z7000の修理(後編) 電子部品の交換から組立まで

 

先日に、メカ部分のオーバーホールまで終了した、A&D GX-Z7000です。

(メカのオーバーホールはこちら前編で紹介しています。)

メカの整備に続き、電子部品の交換を行いました。経年劣化が進んでいる電解コンデンサと、大きな電力を供給するトランジスタを交換しました。


電源部分には、東信工業UTWXZを使いました。ローインピータンス、105℃、3000~5000時間保証の仕様です。アンプ部分にはニチコンのFG、Muse-ESを採用しました。


システムコントロールには、標準品を使用しました。実際に音声信号と関わりのない部分にはオーディオ用コンデンサのメリットは少ないでしょう。その分、アンプ部分をグレードアップするのも有効です。音質が変わるなどの意見は、それぞれありますが….

タクトスイッチは、GX-Z7000に関しては全てのボタンに1本ずつ信号線が入っているため、誤動作が発生する恐れはありませんが、ボタンが劣化すれば、反応が悪くなったりします。もちろん使えている分には全く問題ありませんが、早いうちの交換がお勧めです。

こちらはシステムコントロール回路のパワートランジスタです。使われているのは、東芝製の2SD1508、30V-1.5AのNPNダーリントントランジスタです。通電中はこの素子がかなり発熱します。通気口が開いているのも、このトランジスタの放熱の為です。

そしてこのトランジスタの代替とするのは、東芝 TTD1509Bです。80V-2.0Aで、同じくダーリントントランジスタです。多数の中から、一番特性の近いのがTTD1509Bということで採用しました。

そのトランジスタがどこにあるかと言いますと、矢印の部分の放熱フィンが付いたものです。ちょうどこの上部に通気口が開いています。

基板とメカを組み立てます。メカ用のモーターは、新しいものに交換しました。オーバーホールと併せて、動作音がより静かになっています。ケーブル類はタイラップでしっかり縛ります。


通電して再生動作の確認です。電子部品の交換を大がかりに実施しましたが、問題なく動作が行えました。

機械系統と電気系統のオーバーホールした、A&D GX-Z7000となりました。このGX-Z7000は1987年製で、ちょうど30年と経ちましたので、メンテナンスは必須になってくるでしょう。それ以前に点検の目安は1000時間と言われますので、定期的なメンテナンスは、故障を予防する上でも重要だと思います。

いま壊れていなくても、重度な故障が発生すると手に負えなくなると、復活も難しくなりますので、古い機器を扱う上では予防は大切です。