マルチトラックカセットデッキ TASCAM 134

 

今回は、ちょっと珍しいカセットデッキのご紹介です。

業務用カセットデッキで著名なタスカムブランドですが、普通のカセットデッキではなく、マルチトラックのカセットデッキです。

モデルNo.は「134」です。タスカムのカセットデッキといえば、「112」、「112R」、「122」が有名かと思いますが、この「134」は、特殊要素が多い上、一般的な使用は難しいです。

修理の様子をご紹介する前に、「134」特有の要素を先に紹介しておきます。

まず一つ目。この「134」は、片面で4トラックの音声を記録するため、実質裏面は使えません。

二つ目は、ハイポジテープ専用であることです。ノーマルやメタルは使えません。再生イコライザーが70μsになっているので、メタルだけは再生のみ可能です。

最後三つ目は、倍速記録が出来ることです。テープ速度を2倍にして記録することで、音質向上を図れます。

これぞ特殊要素満載の真の業務用カセットデッキでしょう。

それでは、修理の様子に移りましょう。

 

まずは、内部のレイアウトです。右側に4トラック分の再生アンプ回路があります。ここが他のタスカムのデッキと大きく異なる部分です。

一方で、メカの構造は、「112」や「122」と殆ど同じで、同じ方法でメンテナンスが行えます。

前面パネルを取り外しました。縦軸のデジタルメーターを採用しているカセットデッキは、数少ないですね。4トラックなので、メーターも4つ搭載されています。

 

ヘッドも特殊形状です。4トラック用で、希少なヘッドでもあります。

 

メカの取り外しです。メカの構造も同じということは、故障箇所も同じです。タスカムのデッキを分解されたことのある方なら見当がつくと思います。

 

やっぱりここです。このぼろぼろギヤです。決まってここが劣化して、動かなくなってしまいます。

 

同寸法の新品の2段ギヤに交換しました。通常ベルトが劣化して動かなくなることは多いのですが、ギヤ自体が破損するのは、あまり他では例がありません。

 

元通りに組み戻しました。無事に復活しました。ノーマルテープが使えないので、やっぱり不便です。ここは何とかノーマルテープに対応させる改造が必要かと思います。

それだけでなく、共通部分が多いことを利用して、「112MkⅡ」、「112RMkⅡ」、「122MkⅢ」、「134」の4機種を用いれば、改造要素も満載であります。

まずはノーマルテープを使えるように改造することが優先となりそうです。その後に、4機種で相互の改造を試みたいと思います。

 

ベータマックスのメンテナンス 回転ヘッドの手作業清掃

 

前回にご紹介しましたSL-HF3000の修理に続きまして、今回はベータマックス殆どの機種に共通する、回転ヘッドの清掃のご紹介です。

ベータ方式に限らず、ビデオテープは映像信号の高周波信号を記録するため、信号を読み取るヘッドは、再生中に高速回転して読み取っています。ここが汚れると映像にノイズ混入したり、最終的には何も映らなくなってしまいます。

定期的にクリーニングテープを使うことが推奨されていますが、クリーニングテープを使っても改善されないことがあります。そういった場合、手作業でヘッドを掃除すると、映像が蘇ることがあります。

掃除の仕方は、いくつかあると思いますが、私が行っている方法は、表面がつるつるしているマット紙を使った方法です。綿棒や布を使った方法もありますが、ヘッドが高速回転しているときに、繊維が絡まる恐れがあり、最悪の場合ヘッドを破損してしまいます。

 

まずはカセットがない状態で、ローディングの状態にします。

カセットハウジングにあるロック機構(赤矢印)を手で解除し、カセット台を押し込みます。台が降りたら、カセット挿入の検出スイッチ(黄矢印)を手で1回押すと、ローディング動作がされ、再生など動作が行えるようになります。

 

マット紙にエタノールを浸します。数滴染み込ませるくらいで大丈夫です。ヘッドドラムに当てた状態で、ヘッドを手で回します。数秒で十分効果が出ます。

 

次に回転ヘッドにある隙間の掃除です。ここにも汚れがたまります。こちらは停止状態で、綿棒とエタノールを使っていきます。先にこの部品が邪魔なので取り外しておきます。

 

エタノールを染み込ませた綿棒で溝に沿うように隙間を掃除していきます。この時、綿棒をヘッドに引っ掛けないように、細心の注意を払います。その都度、手でヘッドを動かして、ヘッドを避けながら綿棒で掃除してきます。

テープと回転ヘッドの密着をよくするために、こちらも忘れずに行いたい項目です。隙間を掃除したら、最後にテープが巻きつく部分を拭き掃除して終了です。

以上がヘッド清掃作業の一通りです。もし1回の掃除で映らなければ、マット紙でヘッドを再度繰り返し清掃します。しかし何度やっても改善が見られない場合は、映像回路やテープパスに異常がある可能性もありますので、限度として5回を判断基準としています。

電気系統に異常がなければ、ヘッドの清掃のみで映像が映るようになる可能性もありますので、諦める前に試す価値があります。更にはこれだけで故障として廃棄されてしまうのは、とても悲しいです。