レンタルカセットデッキに3台仲間が増えました!

こんにちは、こんばんは。西村音響店の西村です。

音響店のブログをお読みくださり、ありがとうございます。

今回は、レンタルカセットデッキを3台増やしましたので、そのお知らせです。


今回、追加したデッキは、

  • Nakamichi 581Z
  • SONY TC-K333ESL
  • Lo-D D-E90


 

Nakamichi 581Z

 ナカミチは、昨年の夏ごろから修理を始めましたが、電気系統に色々と異常がありました。

 ノイズリダクションを掛けると、音の息継ぎ現象がひどかったり…

 メーターの振れ方がピョンピョンと跳ね上がったり…

 録音が上手く出来なかったり….

 最も劣化が早い電解コンデンサーを全部交換しても直りません。劣化したフィルムコンデンサーとオペアンプまで取り替えて、やっと完成に漕ぎ着けました。

 

 581Zのノイズリダクション基板です。コネクター接続で簡単に脱着ができます。

 この基板だけは、フィルムコンデンサーまで取り換えることになりました。どうやら、オレンジ色のフィルムコンデンサーが不良になっているようで、交換したところ直りました。

 ただ、ドルビーは録音や再生で誤差があると音質に影響してくるので少し厄介です。念のため他のコンデンサーも交換しました。

 

 ドルビマークの付いたICが4つ実装されているのは、初期型のドルビーCである象徴です。581Zは1981年ごろのデッキで、ちょうどドルビーCが実用化されたばかりです。この頃は、ドルビーB用のICを2つ連結してドルビーCとしています。

 他に僕が確認しているものの中でこのようなデッキは他に、SONY TC-K555、AKAI GX-F71があります。

 
 


交換したコンデンサーは、電解が110個、フィルムが39個でした。


 

 こちらは、メーターがぴょんぴょん跳ねる様子です。ホワイトノイズを入力すると、このような現象が起きていました。

 そこでメーター用の回路を中心に原因を探っていくと、オペアンプが壊れていることが分かりました。メーターへ出力される信号をスピーカーにつなげてみると、ノイズだらけの音でした。

 不具合の多かったナカミチの581Zですが、ようやく本領を発揮できるようになりました。


 


 

SONY TC-K333ESL

 TC-K333ESLは、単に修理しただけではなく、再生アンプに贅沢な部品を使った仕様となっています。

 333ESLは、カセットデッキの中では王道な機種の1つで、中古でもよくお目にかかると思います。ですので、部品にちょっと一味加えてみました。再生アンプには、1本600円近いPARC Audioの電解コンデンサーが付いています。

 録音イコライザーを調整できるので、メタルテープへの録音には強い1台です。電気屋では売ってませんが…(笑)

 メタルテープへ録音するときは、あまりバイアスを調整しない方が良いです。少し浅くするだけで歪みやすくなることが多々あります。ですので、イコライザーを調整できるデッキは録音で非常に便利です。

 

 333ESLをはじめ、同じ年代のソニーのカセットデッキに多いのが、このボタン不良です。

 停止を押したのにテープが動いてしまうという、「言う事聞け!」と叫びたくなるような不具合ですね。

 しかし、いくら叫んだって直りませんから、素直にボタンを新品に交換します。

 

 

 交換した電解コンデンサーは99個でした。2世代あとのTC-K333ESJになるとドルビーSが付くため、20個くらいコンデンサーが増えます。


 


 

Lo-D D-E90

御年39歳で、来年はいよいよ40歳になります。

アナログ式のVUメーターが特徴の3ヘッドデッキです。

以前に少しこのデッキを紹介していましたが、電子部品の交換も終えて完成しました。

 メインの基板+メーターの基板の2枚構成というシンプルさに少し驚きましたが、こんなものでも良い音を出してくれます。超高音域が出すぎないので、曲のジャンルを問わず聴きやすい1台だと思います。

 録音については、意外にも現在のマクセルURと相性が良いです。録音イコライザーが低めに設定されているので、バイアスを浅めにしないと録音感度が上がらないURにはベストだと思います。

 逆にイコライザーを高くする必要のある、ソニーのMetal-ESは不向きです。マクセルかTDKテープを使うと上手く録音できると思います。

 ちなみに、お持ちのカセットデッキの録音イコライザーを調べるには、ホワイトノイズを録音してスペクトルアナライザーで確認すると便利です。1~10kHzの部分が山であれば高め、谷であれば低めであることがわかります。

 交換した電解コンデンサーは68個と、かなり少なめでした。これでも798(ナナキュッパ)クラスだそうです。


 


 

今後の追加予定デッキ

  • TEAC C-3X
  • AKAI GX-R60EX
  • Technics RS-2630U
  • YAMAHA KX-580
  • YAMAHA KX-690
  • ダブルデッキ1~2台

↓修理難航中だけど…↓

  • AKAI GX-R88
  • TEAC V-8000S

 以上のデッキは、既に在庫で確保しており、メンテナンスを終え次第、ラインナップします。

 それ以外に、「こんなデッキがあったらいいな」というリクエストがありましたら、
下にお名前(ニックネーム)と型番や特徴を入力してお送りください。

 リクエストの状況をみながら、デッキを増やしていきたいと思っています。ご協力いただけましたら幸いです。

 

リクエストはこちらへ

 

既にカセットデッキをお持ちの方は多いと思いますが、別のデッキで再生してみると音が違って聞こえます。

昔のテープを聞いて懐かしむと共に、カセットデッキの面白さも体験してみませんか?

 

 今後とも、レンタルカセットデッキ『お試し音響店』をよろしくお願いいたします。

 

 

1/14よりレンタルカセットデッキを開始しました。

 
こんにちは、こんばんは。西村音響店の西村です。

1/14(月・祝)より、レンタルカセットデッキのサービス”お試し音響店”を開始しました。

お試し音響店のページ
http://nishimurasound.jp/blog/otameshi

 

 

第1陣のラインナップ

第1陣のラインナップは以下の7台です。

  • A&D GX-Z9000
  • A&D GX-Z7100EV
  • A&D GX-Z9100EV
  • SONY TC-K777
  • SONY TC-K333ESX
  • SONY TC-K333ESJ
  • TEAC V-8030S

今後、安いデッキから高いデッキまで、続々と増やしていきます。

ご利用いただいたお客様には、追加してほしいデッキのリクエストも出来るようにしております。

ナカミチのデッキも不可能ではありません。

 

安全に配慮し樹脂製コンテナを使用します

レンタルカセットデッキの輸送には、頑丈な樹脂製のコンテナを使います。

コンテナの中には、エアーバッグ、発泡スチロール、毛布をふんだんに詰めこみ、多少乱雑に扱っても問題ないような梱包にしています。

四方八方がクッションに包まれているので、プチプチで包む面倒もありません。段ボールや紙製のクッションを使わないため、ゴミも出ません。

ご返却される際は、元通りにクッションを詰め込み、フタを閉めるだけの簡単作業です。

 

お試し音響店のページを開設しました

レンタルカセットデッキのページを本日開設いたしました。

利用方法やお支払い方法などが掲載されておりますので、ご利用前にぜひご一読いただけましたら幸いです。

http://nishimurasound.jp/blog/otameshi

各機種のお申込みのページは1月14日に開設されますので、もうしばらくお待ちください。

 
 

修理かレンタルか。

ここで、カセットデッキを修理する場合とレンタルする場合を比べてみましょう。

 

修理がおススメの方

・1台のカセットデッキを長く使っていきたい。
・当時、新品で買ったものを直したい。

特に新品で買ったデッキは愛着や思入れがあるはずです。たとえ壊れていたとしても、何を言われようとこれだけは捨てられない!という方、いらっしゃるのではないでしょうか。是非、修理して動かせる状態にし、現存価値のあるカセットデッキにしましょう。

 

レンタルがおススメな方

・多くのカセットデッキを試したい。
・CDやパソコンなど、ダビングで一時的に使いたい。

例えば、カセットデッキを20台試そうと思っても、なかなか難しいと思います。ジャンク品を買ってから修理しなくてはならないので、費用と時間が必要です。そこで、レンタルであれば短い期間で機種を変えることができ、効率よく色々なカセットデッキを試すことができます。

 

動くデッキを皆さんで大事に使っていきましょう

録音媒体としての役目を終えたカセットデッキは、今後は娯楽の手段として生き残っていくことになると思います。

改めて考えてみましょう。カセットデッキの面白さ&楽しさとはなんでしょうか。

テープやデッキによって音質が違う面白さ。調整を追い込んで思い通りに録音する楽しさ。はたまた一度追究し始めたたら終わりが見えない奥深さ。

カセットテープ全盛期を生きてきた皆さんであれば、まだまだ思いつくと思います。デジタル媒体にはない無駄な手間にこそ味があるのではないでしょうか。

しかし残念ながら、かつて憧れていた名機はもう生産されることはありません。現存しているカセットデッキの数にも限りがあります。

例えばソニーのTC-K777ES。憧れていたカセットデッキの1台だったことと思います。しかし100人が「スリーセブン欲しいです」と言われても少々無理があります。50人でも厳しいかもしれません。

そこで正常に動くスリーセブンを共有すれば、たくさんの方々の記憶にスリーセブンの感動が残ることと思います。

僕自身も1機種1機種異なるデッキに挑戦して、特徴や構造などを頭の中に入れることができたら嬉しい限りです。

 

新しいサービスで不完全な部分も多々あると思いますが、皆様のご協力を賜れましたら大変幸甚に存じます。たくさんのご利用を心よりお待ち申し上げております。