TEAC V-9000の修理・フルオーバーホール(後編)

 

(前編はこちら

分解して部品の清掃が終わった後、メカを組み上げていきます。


予めシリコーンスプレーを下塗りしておいた摺動部分に、シリコーングリースを塗ってから取り付けます。

 


ピンチローラーなどの軸の部分に関しても、シリコーンスプレーの下塗りをしてからグリースを塗ります。小さいワッシャーやEリングなどが幾つかあるので、取り付け忘れないように注意して組み立てます。

 


リールを取り付ける前に、モーターの清掃をしておきます。

 


アイドラーについては、ゴム製からシリコーン製に交換しました。

 


モーターだけではなく、リールの軸も拭き掃除してから取り付けます。リールの回転部分も、エタノール+シリコーンで、グリースを薄く塗っておくことで摩擦と振動低減を図ります。

 


V-9000のキャプスタンモーターは、ブラシ付きのDCサーボモーターで、中に回転制御回路が内蔵されています。この中に電解コンデンサがありますが、元々のモーターでは交換できるコンデンサがありません。16V-33μFの小型品で、47μFにするとサイズが大きくなって組み立てが出来ません。

 


その為、保守性を考慮してV-5000から流用したモーターを整備の上、取り付けることにしました。こちらは電解コンデンサの交換が出来ました。モーター回転中は温度が上昇し且つ熱が籠りやすいので、コンデンサの寿命が短くなっていると思われます。

 


ヘッドを上下するレバーと、カム用のモーターを取り付けます。画像のように力点を下方向へ力を入れると、てこの原理でヘッドが上がります。モーター音が大きくなってしまっている場合は交換します。

 


残り、扉とキャプスタンを取り付けて完成です。

 


メカの動作を確認するため、本体に搭載します。録音、再生などの基本動作が出来ることを確認してOKであれば、電気系の作業に移ります。

 



背面のパネルと、前のボリュームやスイッチを固定しているナット、基板を固定しているネジを外して、背面側へスライドさせるように基板を抜き取ります。

 


電源、システムコントロールの基板に関しても同様です。ただし、トランスも一緒に外すことになりますので、トランスを固定しているネジも外します。

 



FLディスプレイのある基板は、突起でロックしているだけですので、上手く突起から外してあげます。

 


電子部品交換後です。電解コンデンサとパワートランジスタを交換ました。再生アンプ部分に関しては高級品を使用しました。ただコンデンサによる音質変化の感じ方は個人差があります。この作業では定期的な交換の意味合いで行っています。

 


アンプ回路の電力を供給するパワートランジスタです。音が消えたとのことでしたので、ここが発煙したのかもしれません。こちらは新品に交換しました。

 


またシステムコントロール部分も、負荷が大きいレギュレータも予防のため交換しました。10V用が2つと、5V用が1つです。いずれも通電中はかなり熱くなります。

 


電子部品の交換が終わり、動作チェックを行います。まず、基本的な動作が行えるか、アジマスエラーやテープパスエラーで高域が下がっていないか、再生レベル・バランスが正常かなどを細かく見ます。またV-9000はキャリブレーション機能を搭載していますので、キャリブレーションを取って実際にフラットな特性で録音出来ているかをスペクトルなどで確認します。

基本動作のチェックがOKであれば、1週間程度通常に再生を行って異常が発生しないか見ます。

 


特に異常が発生しなければ配線処理をします。タイラップで配線が遊ばないように結束します。

 


さらに組み立ててテープを1往復再生が出来たら検査は完了です。あとはアジマスを記録しておくため、10kHzの信号音をテープに録音しておきます。

 


以上で完成です。納期は3週間ほどになります。

オーバーホールは難易度が高く、時間の掛かる作業ですが、新品により近い状態に復活させることが出来ます。機器の延命化にも貢献しますので、お持ちの機器で未だオーバーホールをされていない機器がございましたら、是非一度ご検討ください。

 

TEAC V-9000の修理・フルオーバーホール(前編)

 

今回はTEAC V-9000のメンテナンスのご紹介です。県内の方より、フルオーバーホールのご依頼を頂きました。

久々に電源ONすると煙が出たとのことでしたので、もしかすると重症かもしれないと思いました。

 


しかし特に異常は見られず、基本的な動作は出来ました。恐らくは突発的にトランジスタが熱暴走したのではないかと考えています。ご依頼者様が直ぐに電源OFFにしたこともあり、幸いにも熱破壊は免れたと思います。

今回特に異常は無いものの、定期的なメンテナンスという事で、機械系と電気系のオーバーホールをセットで行いました。まずはメカのオーバーホールから行います。

 


まずは、フロントパネルの取り外しになります。つまみ類は予め全部外しておきます。

 


メカを降ろすには、画像中央に写っているネジ3本と、もう2本のネジを外します。同時に配線も取り外しておきます。

 


もう2つのネジはここにあります。下の方にあるネジです。こちらは向かって左側ですが、右側にもあります。

 


メカを降ろせました。本体の方は、この作業では扱わないので避けておきます。

 


私の場合は、メカは背面から分解していきます。最初にキャプスタンと、カム用モーターから外します。

 


リールモーターのみになりました。続いてリールモーターも外してしまいます。

 


ネジが固く回りにくい時があります。ドライバーで緩めようとすると、力余ってネジ穴を舐めてしまうこともあります。こういったときは、ネジザウルスが活躍します。

 


リール台、アイドラーとセットで取り外します。ここで一旦背面から前面へ移ります。

 


扉を外しました。扉をはめ込む突起がついた部品が右側にあって、それを外すことで簡単に外せます。

 


扉関係の部品を全て外しました。さらに分解を進めます。


テープポジション検出用のスイッチがある基板を外しました。再度背面に戻ります。

 


今度はこのレバーの取り外しです。このレバーが、ヘッドの上下を行っています。真ん中の軸が支点になって、力点がギヤに付いた凹凸で操作をします。またまたフロントに戻ります。

 


ピンチローラーを外しました。

 


ヘッドブロックを外しました。Eリングで留めているだけなので、特に複雑ではありません。

 


最後、残りのこの部品を外せば分解終了です。

 


このタイプはTEACの独自設計のメカで、寸法が大きくやや大型のメカですが、部品点数もそれほど多くなく、細かい部品も少ないので、整備性はとても良いと思います。小型化されたメカになると、細かい部品が増えて取り外しに苦労したりというデメリットがあります。

部品の清掃はエタノールでグリースをしっかり落としたあと、シリコーンを塗って滑りを良くします。


この様に、シリコーンスプレーの液を万遍なくキムワイプにつけて、

 


摺動部分を中心に拭き掃除をするように塗っておきます。いわゆる下塗りです。その上からシリコーングリースを塗って潤滑をします。

 


分解して部品を清掃し終わった後は、このように適宜袋に入れて保管します。一日で全行程を行うのではなく、一定ごとの区切りで分けて行っています。一気にやってしまうと、作業事故の恐れが出ます。うっかり力技をやってしまって部品を破損させたり、小さい部品を紛失したりすると作業の進行が止まってしまうので、必ず段取りをとるようににしています。

(後編はこちら