謹賀新年・元旦もカセットデッキに囲まれて。

 
新年あけましておめでとうございます。

西村音響店の西村です。

2019年が始まりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

僕は、大晦日も元旦もカセットデッキに囲まれた部屋で過ごしております。

まだ手付かずのデッキに取り掛かったり、厄介なデッキに苦戦したり、新しいホームページの作成をしたり、年末年始関係なく活動中です。

 


 

今年は何をしていくか

早速2月ごろにはカセットデッキのレンタルサービスを始めます。

まだ決定はしておりませんが『お試し音響店』という名前で展開する予定です。

今年からは、「希少になってゆくカセットデッキを皆さんと一緒に守っていきましょう」をテーマに挙げています。

今後、名機であるカセットデッキはますます希少となっていくと思います。その中でも、しっかり動作するデッキだけに絞れば、数は少なくなります。特に人気の高い機種で、さらに中古価格が高騰していけば、なかなか入手も難しくなるでしょう。

ですから、動くデッキを共有・シェアが可能な環境にすることで、この先もカセットデッキを守っていくために必要なことだと強く思っています。

また、僕自身が想うことですが、カセットデッキの面白さは個性の豊かさにあります。音質・性能・メカニズム・機能・デザイン…、正直なところ、カタログの数値だけでは分かりません。使うカセットテープでも音が変わりますから、これがまた面白いものです。

もちろん個別の修理も継続していきますが、徐々に共有・シェアの体制も整えていきます。

 
 

【レンタルサービスの展開内容(予定)】
料金:1か月 全機種6,4680円
台数:7台(徐々に増えていきます)

 

【個別修理のサービス内容変更】
コースは3コース制に、料金は全機種均一に変更します。

メカニズムの整備 = 32,400円
new電子部品交換 = 43,200円
フルメンテナンス = 72,000円
部品移植(機械部品)= 10,800円
  〃  (基板)   = 16,200円

 
※価格は税込み価格です。

 
次回の個別修理の受付は、2月ごろを予定しております。
詳細が決定次第、音響店のホームページでご案内いたします。

 

まずは、レンタルサービスの展開に向けて進んでいきます。

それから、また新たなことに挑戦できれば、挑戦していきたいと思います。

今日(2019/01/01)立てた目標が、2019年の大晦日になって目標覚えていますか?訊かれても絶対覚えていないです。

ただ、なんとなくは覚えていないと不味いかもしれませんけどね。「カセットデッキのギャラリーを作る」という事くらいは念頭に置いておく必要があるでしょう。

 

TVでカセットテープが取り上げられて嬉しい。

ふと、一息ついているときテレビを見ると、ちょうどカセットテープが取り上げられていました。

ここ30年で消えていったものとしてカセットテープがあったという話で、確かにそうですよね。僕が小学校のころ(約15年前)は、まだ家族でカセットテープを使っていました。

カーオーディオに一応CDが付いていても壊れて聞けないので、家でCDからカセットに録音するという時もありました。レンタル屋からCDを借りてダビングするのにもカセットテープでした。

カラオケの練習でカセットテープの需要があるとのことです。しかも、5分以内の曲なので10分テープが一番人気だそうです。

カセットテープは、メディアとしては廃れてしまいました。ですが、今でも製造販売されているおかげで、カセットテープという娯楽も成り立っていると思います。性能面では絶頂期のテープに及びませんが、販売されていることに感謝しなくてはなりませんね。

 

さいごに

今年はどんな1年になるのか、この記事を書いている最中もどこか緊張感が沸いています。

緊張感の反対に、今年はどんなデッキに触れれるのかという高揚感もあります。

いずれにせよ、「カセットデッキのギャラリーを作る」という目標に向かって進むことが第一です。

ただ、カセットデッキに限らず、他のことにも挑んでいく事が、今の僕には求められているのではないかと思っています。

 

僕自身の今現在の決意を文字に起こしたいだけのような記事になってしまいました。だいたい正月になると、「今年の目標!○○をする!」と決意表明したくなる気持ちが、どこかから出てきてしまうんですね。皆さまもありませんか?

僕は残念ながらありますね(笑)しかも1年経って決意を訊かれても失念しているのが落ちです。

本年も飛躍のある1年にしたいと思っております。引き続き、変わらぬご愛顧を賜れましたら幸いです。

 

 

カセットデッキの音質サンプルページを作ってみました。

大晦日に簡単ではありますが、カセットデッキの音質を聞けるページを即興で作ってみました。修理が終わったデッキは、音質を確認するためにパソコンへ音を取り込んでいます。その音源を過去に録り溜めたものの中からいくつか集めました。

下のアドレスを押すとページに飛びます。
http://nishimurasound.jp/blog/sound-library

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。