【最高級カセットテープの音質】TDK MA-XG × YAMAHA KX-580

 

皆様こんにちは、西村音響店の西村です。

この度もご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、TDKの最高級カセットテープ MA-XGを、YAMAHA KX-580ではどんな音がするかを聴いてみましょう。

MA-XGの相手となる、YAMAHA KX-580は、3ヘッドデッキではなく、シンプルな2ヘッドデッキです。

 

 

早速ですが、MA-XGとKX-580でどんな音がするか、聴いてみて下さい。MA-XGへの録音は、別のデッキ(TEAC V-5000)で行っています。

♪A ♪B ♪C ♪D

音声は圧縮していませんので、ダウンロードに時間が掛かる場合がございます。ファイルは、48000Hz-16bitのWAV形式です。

 

 

 

いかがでしょうか。

個人的な感想としては、2ヘッド機ながら、しっかりとした音が出ていると思います。3ヘッド機のように、超高音域までの伸びが少ない分、中音域が強めに出ているような感じです。

ドラムなどのパーカッションの音は少々透明感が少ないですが、メロディーの音は得意としていると思います。特に、♪Dのメロディーを弾いているヴァイオリンの音は、とても目立っていて、旋律がすっと耳に入ってきます。

2ヘッドのデッキは、ノーマルテープの音質と似ているところがあるかもしれません。得意な曲のジャンルは、ポップス、ピアノソロ、演歌といったところでしょうか。

(音楽のジャンルの知識がまだ乏しいので、勉強が必要ですね。他にも得意ジャンルがあるかもしれません。)

 

 

YAMAHA KX-580 の特徴・良いところ

さて、今回お聴き頂きました、YAMAHA KX-580カセットデッキについて、簡単にご紹介いたしましょう。

YAMAHA KX-580は、1995年ごろに発売されたデッキで、グレードとしては初級クラスです。

オートリバース機能なしで、2ヘッド方式という、カセットデッキとしては一番オーソドックスな構造をしています。

 

オーソドックスな構造をしながらも、曲の頭出し機能が付いていたり、さらにドルビーノイズリダクションで一番効果が強い、ドルビーSまで搭載していたりと、CDからの録音にしっかり対応できるようになっています。

 

さらに、初級クラスのカセットデッキとしてはとても心強い、オートチューニング機能を搭載しています。そもそも、自動的に調節を行う機能を搭載したデッキは、少数派の部類になります。

録音をする際、より高音質な録音をするには、バイアスの調節が必要です。しかし2ヘッドのカセットデッキでは、録音した音を同時に再生して聞くこと(録音モニター)ができないので、バイアスの調節は少し難しいです。

それを解決するのが、オートチューニング機能。録音モードにして、チューニングボタンを押すだけで、自動的にバイアスを調節します。もちろん、手動での調節も可能です。

 

 

そして、KX-580の一番の特徴は、プレイトリム機能。PLAY TRIMのボリュームを調節することで、高音域の強調・減衰ができます。

先ほどお聴きいただいた音源は、PLAY TRIMのボリュームを真ん中の「0」位置にしていますので、もう少し高音域を強めることができます。そうすれば、3ヘッドデッキに近い音に変化させることも可能です。

つまり、再生中いつでもお好みに調節をすることができるのです。この機能が搭載されているのは、今まで確認している限りでは、このKX-580と、KX-640、KX-690に搭載されています。

プレイトリムを高く設定した時の音も録ってみましたので、聴いてみて下さい。先ほどの♪Aの曲です。どんな音が再生されるでしょうか。

♪A プレトリムあり

 

 

 

 

初級クラスのデッキながら、多彩な機能を搭載していますので、もしカセットテープに興味があって使ってみたいという方には、KX-580はおススメです。

初級クラスのデッキで他に、TEACの V-1010、V-1030もお勧めしていますが、こちらは3ヘッド方式になっているので、音質の面では優れています。代わりに曲の頭出し機能がありません。

ですので便利性の部分では、KX-580の方が優れています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

いくら安い2ヘッドのカセットデッキでも、意外と馬鹿にできない機能が搭載されていたり、思ったより音が良かったりと、一概にも3ヘッド=良いデッキとは言い切れません。

人間と同じで、1台1台のカセットデッキには、必ず良い部分があります。でなければ、市場に姿を現していないはずです。

 

カセットデッキも十人十色で、みんな違ってみんな良い。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

【最高級カセットテープの音質】TDK MX-XG × SONY TC-KA3ES

 

 

皆様こんにちは、西村音響店の西村です。

この度もご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、TDKの最高級のカセットテープMA-XGと、SONY TC-KA3ES カセットデッキで、音を聞いてみましょうというテーマです。

しかし、今回は単に皆様に聴いていただくだけではございません。初めての試みとしてアンケートを行ってみたいと思います。

実は、今回の再生デッキであるTC-KA3ESは、カスタマイズをしておりまして、音の違いがどう表れているか、皆様のご意見を頂けたらと思っております。

ぜひ、ヘッドホン・イヤホンをご準備して、聴き比べしてみてください。

 

 

 

まずは聴き比べの前に、こちらのTC-KA3ESの音を聴いてみて下さい。既にTC-KA3ESをお持ちの方は、ひょっとすると純正状態のTC-KA3ESとは、音が少し違うように感じるかもしれません。

♪A ♪B ♪C ♪D

音声は圧縮していませんので、ダウンロードに時間が掛かる場合がございます。ファイルは 48000Hz-16bit WAV形式です。

 

いかがでしたでしょうか。

個人的な感想としては、低音域と高音域がやや強く、フュージョンやジャズなどの、いわゆるアコースティック向きといった音質になっていると感じます。

高音域が綺麗に聞こえつつも、ずっしりとした重低音が効いているといった感じでしょうか。

楽器を音をしっかりと出したいのでしたら、これくらいの音が良さそうです。

再生中、メーターはメタルテープの推奨録音レベルである+6dBを超えていて、それでも歪むことなく再生出来ているので、さすが最高級グレードのカセットテープだけありますね。

 

 

ということで、続いて聴き比べにまいりましょう。

何を聴き比べていただくかといいますと、違うオペアンプで音がどのように変わるかです。

次の音源Aと音源Bでは、同じTC-KA3ESのデッキですが、再生ヘッドの信号を増幅するオペアンプを、それぞれ違う物にしています。

それでは、2つ音源を聞き比べてみて下さい。曲は両方とも、先ほどの「♪C」です。

 

♪音源A

♪音源B

 

 

いかがでしょうか。AとB、どちらがお好きでしたでしょうか。

アンケートにご回答いただけるようでしたら、お好きだった方を選択して「送信」ボタンを押して下さい。

差し支えなければ、簡単に感想を頂けると嬉しいです。

 

 

改めて、私のTC-KA3ESをご紹介しますと、このTC-KA3ESは1997年製で、2017年2月に購入しました。

暫くは純正状態のまま楽しんでいましたが、2カ月後に古いヘッドへの交換に着手しました。古いヘッドというのは、ESRシリーズ以前に使われていた、コンビネーション型ではない、独立懸架型のヘッドです。

このような交換は、本来は物理的に不可能ですが、何とか加工をして取付け可能な状態に仕上げました。

そもそも、以前にTC-K333ESやTC-K555ESⅡを使ったことがあり、独立懸架型ヘッドの音が気に入った事もあって、このようなカスタマイズをするに至りました。

個人的な感想になってしまいますが、何となく古いヘッドの方が、音が硬くてパワフルな感じがします。低音の出力も、こちらの方が良さそうに聞こえます。

 

交換に挑戦すると決めた時は、「独立懸架型が、コンビネーションに替えられてるくらいだから、逆も行けるでしょ。」なんていう軽い気持ちでしたが、実際に着手してみると、そんな上手く行く筈がありません。

”旧⇒新”の事例はあっても、逆の”新⇒旧”は見たことありませんから、苦戦を強いられても仕方がないでしょうね。

また、交換してからも色々と不具合に悩まされて、何度も分解を繰り返しました。それでも、そこから色々勉強できた事は沢山ありますので、このデッキに技術の訓練をさせられたと言っても、過言ではないです。

 

そして、さらにカスタマイズを行うため、また再びバラバラの状態にしました。

今度は、電気系の方へ着手しようと考えています。まだ、電解コンデンサーの全交換が済んでおらず、この機会に行ってみようと思っています。

あとは、ヘッドアンプ周辺のカスタマイズで、コンデンサーの種類を変えてみるといったことも面白いかもしれません。純正ではマイカコンデンサーが使われていますが、これを他の種類にしたらどうなるか。

もっとオリジナリティーの高いTC-KA3ESに仕上げれたらいいなと、わくわくしています。

この辺りは、自動車のチューニングと似た感じかもしれませんね。

 

余談になりますが、4曲の聴き比べの時に感づいた方がいらっしゃるかもしれません。実は、ファイル名にオペアンプの製品名が書いてあります。新日本無線(JRC)のMUSES8920です。

そして、聴き比べは、一方がMUSES8920のオペアンプ、もう一方は・・・。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

MA-XGに録音した TEAC V-5000の音はこちら。