レンタルデッキ更新情報ー新たに4台追加&2台利用が可能になりました。

 

皆さん、こんにちは。こんばんは。西村音響店の西村です。

いつも音響店のブログをご覧くださり、ありがとうございます。


 

今回は、音響店のレンタルサービスに新たに追加となったデッキをご紹介します。

今回追加となったのは、

  • AKAI GX-R60EX (1986年製)
  • AKAI GX-R66 (1984年製)
  • SONY TC-V7 (1983年製)
  • Technics RS-2630U (1975年製)

以上の4台です。

 

AKAI GX-R60EX

 昭和61年(1986年)のオートリバースデッキです。

 2ヘッドなのに、ヘッド本体の中身が3ヘッドの構造をしている、ツインフィールド・スーパーGXヘッドを搭載しています。音質は3ヘッドを凌駕するくらい良く、しかもスーパーGXヘッドですから、摩耗にも非常に強いです。

 

…というのは、もうすでにご存じかもしれません。

 

ジャンク品だった時のGX-R60EX

 もともと、このGX-R60EXは、テープが酷く絡みついてカセットが閉じ込められている状態でした。まずは、カセットテープの救出から行いました。

 ベルト切れはしておらず、ヘッド回りを掃除すれば再生できる状態でした。ですが、潤滑油(グリース)の劣化も懸念されるため、オーバーホールです。

 この機種はGX-R70EXの1つ下のモデルですので、機械的な部分はR70とR60とも全く同じです。電子式のボリュームや、録音関係の機能の一部が省略されたのがGX-R60EXです。

 

 そしてオーバーホールが済んだと思いきや、こんな不具合がありました。

  • テープの再生はできるが、左側のメーターが振れない
  • 録音モードにすると、ライン入力の右側しか音が出ない

 電気系の原因だと思いつつ回路を辿っていくと、ライン出力/入力端子の近くにあるオペアンプに原因があるのではないかと考えました。

 しかし、最終的に判明した原因は、単なるはんだ割れ。クラックでした。

 

 同じ型番のオペアンプが2つ使われているので、入れ替えてみましたが改善は見られませんでした。ですので、オペアンプが原因ではないとここで判明します。

 その後、ケーブルの方を辿って確認してみたら、はんだに亀裂が入っているのを発見しました。はんだを吸い取って、はんだ付けしなおすと、あら不思議。何もなかったかのように音が出ました。

 ケーブルだけでなく、マイコンの端子にも亀裂が見られました。はじめは特に問題なく動作できていましたが、いつの間にか動作が不安定に。治ったり、おかしくなったりを繰り返すようになりました。接触不良が原因のときによく見かける症状ですね。


 

 ちなみに、疑ったオペアンプですが、一般的なオペアンプとは少し違う特殊なものです。入力が2系統あり、出力が1系統で、入力切替え用の端子があるというものです。

 外見は端子が縦1列に並んだSIPパッケージのオペアンプで、まだ電子部品屋で売っているもので代用できそうに見えます。ですが、残念ながら無理です。

 型番の「M5201L」で検索してみるとデータシートが見られます。例えば、オペアンプの中でも有名なNJM4580と回路を比較してみると、似て非なるものです。

 もし、M5201Lが壊れた場合は入手が難しいので、ほかのデッキから移植してくる手法をとることになります。別に入手も可能ですが、まとまった数(ロット)でしか入手できないため、1個、2個だけ入手するのは非常に割高です。

 そもそも、製造からまだ33年ですので、壊れるにしては少し早いのかなと思います。さすがに40年近くになると、故障するオペアンプも出てきます。′80年代前半の機種には多いです。

ピンクで囲んだICが、M5201Lです。

 



 

 

AKAI GX-R66

 同じくAKAIのオートリバースデッキ、昭和59年(1984年)のGX-R66です。

 この機種は、3つの面白いネタを持っています。

 

①カセットテープなのに、プレイリストが作れちゃう!?

 プレイリストとは、自分で好きな曲をどの順番で再生するかを決めるものです。今日ではもう当たり前の機能になっていますが、プレイリストの思想自体はカセットテープにもありました。

 例えば、「レンタルCDを借りてきて、好きな曲だけをテープに録音していく。」これも立派なプレイリストです。マイ・ベストコレクションなんて呼んだりもするのでしょうか。

 ただ、これではプレイリストを作るごとに新しいテープを用意しなくてはなりません。そこで、登場するのがGX-R66。デッキが自動的に曲数を数えて、希望の曲まで勝手に飛ばしてくれるという優れものです。

 上位機種に、GX-R88、GX-R99というデッキがありますが、この2台には同機能は付いていません。R66と、一つ下のR55だけの機能です。

 

②テンキーが付いている『変態デッキ』。

 プレイリスト機能があるだけでも十分『変態』かもしれませんが、GX-R66はテンキーが付いています。カセットデッキにテンキーが付いているのは、非常に珍しいです。

 

 カセットデッキの中に複数曲をスキップできるものもあります。この類は選曲ボタンを繰り返し押して曲数を指定します。例えば、「3曲飛ばしたければ、選曲ボタンを3回押す。」といった具合です。

 再生中の曲から数えて、何曲先なのか、あるいは前なのかで、選曲を行うというのがカセットデッキでは多数派です。

 

 しかし、このGX-R66は曲番号を入力するというユニークな選曲方法です。

 

 さらに、R66には曲の頭を次々に再生するイントロスキャン機能が付いています。この機能自体はさほど珍しくありませんが、テンキーが付いているR66しか不可能な事。それが、秒数指定です。

 テンキーで秒数を入力するという、まるでコンピューターのようです。普通は、機種によって曲の頭を何秒再生するか決められていますが、R66は自分で決めることができます。

 

 テンキーによって機能の自由度が高まったと思いますが、視覚的にもインパクトがあります。



 

③AKAIのカセットデッキで初のdbx搭載モデル

 調べた限りでは、AKAIのカセットデッキで最も早く搭載したのがGX-R66でした。

 上位機種のR88、R99には搭載されておらず、ドルビーB/Cのみです。また、下位機種のR55、R44にも搭載されていません。

 

 ですから、dbxが使えるのはR66だけ

 

 dbxというと高級機種に搭載されるイメージがあるかもしれませんが、別にそうでもありません。

 オートリバースデッキにdbxを搭載して、安価に音質向上を狙い、コストパフォーマンスで勝負をする戦略もあると思います。実際に定価5万円台でもdbxを搭載しているデッキが存在します。

 

 R66は定価7万円台でそれほど安価ではありませんが、先ほどご紹介しましたGX-R60EXは定価6万円台でdbxを搭載しています。下手に安価な3ヘッド方式を選ぶよりも、高機能なオートリバースデッキを選ぶ方がかえって音が良いこともあります。

 

 

SONY TC-V7

 昭和58年(1983年)のオートリバースデッキです。普通のオートリバースデッキかと思いきや、ちょっと変わっっています。

 面白ネタとしては2つ。

 

①リニアスケイティング方式

 カセットデッキの中では少数派の部類になりますが、ソニーでは案外普通かもしれません。ベータマックスでも同方式が採用されています。

 OPEN/CLOSEボタンを押すと、トレイ(正確にはメカ)が前にせり出してきます。

 

 TC-V7以外にも、TC-FX606RやTC-K88もリニアスケイティングです。

 

②録音はオートリバースできない!?

 オートリバースなので、録音も再生も、A面が終わったらB面も続けてできると思ったら、なんと録音は一方向しかできません。録音だけはA面が終わったら自分で裏返します。

 

 理由は、消去ヘッドの位置にあります。一般的なオートリバースのデッキでしたら、消去ヘッドも回転します。

 しかし、TC-V7は消去が固定されているのです。回転するのは、録再ヘッドだけです。

 

 なぜ、このような構造になっているか、僕も見当がつきません。

 『変態デッキ』です。



 

 

Technics RS-2630U

 レンタルデッキ初の、’70sカセットデッキです。

 製造年は昭和50年(1975年)で、2019年現在では44歳です。

 

 ’70年のカセットデッキというと、「音、悪いんじゃないか?」という印象があるかもしれません。ですが、それが逆に、これぞアナログという柔らかくて温かみのある音とも言えます。

 『カセットテープの音質』のイメージとしては、’70年代のデッキが最も近いのではないかと思います。

 実際に聞いてみると、そこまで音は悪くありません。’70年代の洋楽や、演歌にはとても相性がよさそうです。

 

 必ずしも、高音がしっかり出ているのが高音質というわけではありません。雰囲気も味わうのも、楽しみ方としてはアリですよ(^^

 アナログでしか味わえない音という視点で比べたら、’70年代のデッキが勝ります。

 

 ’90年代のデッキと一緒に使ってみて、是非、音を比べてみてください。まったく音の雰囲気が違います。



 

 

レンタルデッキの2台利用が可能になりました

 商品一覧のページに緑色で表示された機種は、2台利用が可能な商品です。1つのコンテナに収まる組み合わせであれば、2台同時にお使いいただけるシステムになりました。


 

 片道送料と消費税込みで、料金は7,560円。1台利用の料金に+1,080円で、同時に2台レンタルができます。

 

 2台利用をご希望のお客様は、専用の申込みページを設けましたので、こちらからお申込み可能です。

 

 1台目にサイズの大きな機種、2台目に一回り小さい機種が選べます。メニューから選べる組み合わせでしたらOKです。

 

 

今後のラインナップ予定

  • SONY TC-KA3ES(取扱説明書+リモコンをセット)
  • SONY TC-U4(変態デッキ)
  • AKAI GX-R88(クローズドループ・デュアルキャプスタン・バイ・ツインDD)
  • A&D GX-W930(ダブルカセットデッキ)
  • ヤマハ KX-W600(ダブルカセットデッキ)
  • パイオニア CT-Z99(ダブルカセットデッキ&変態)
  • ビクター KD-A6(歴史上重要なデッキ)
  • ビクター DD-5(変態デッキ)
  • ビクター TD-V66(メタパームヘッド)

あなたはどっちがお好き?<GX-93とGX-Z9000のサイドウッドの違い>

 

皆さん、こんにちは。こんばんは。西村音響店の西村です。

いつも音響店のブログをご覧くださり、ありがとうございます。


 

突然ですが、あなたはどちらの木目がお好きですか?

 

Aを選びましたか?

それともBを選びましたか?

 

AとBの正体は、Aが1986年のAKAI GX-93、Bが1987年のA&D GX-Z9000でした。

両者は形が非常にそっくりですが、細かい部分を見るといくつか相違点があります。

今回はその中の1つである、サイドウッドについてお話しします。


 

いんとろだくしょん

まずは、GX-93とGX-Z9000について、簡単にご紹介しましょう。すでにご存知の方は飛ばしていただいてOKです。

 

発売年はGX-93が1986年、GX-Z9000が1987年です。

両者とも、3ヘッド構成で、キャプスタンの回転にはクォーツロックを採用した、赤井電機のフラッグシップモデルです。さらに、ノイズリダクションにはdbx搭載をしており、カセットテープの限界能力を超えた録音が可能です。

下位モデルには、GX-73とGX-Z7000がラインナップされました。こちらは、クォーツロック、dbx、サイドウッドが省略されて、中間(ミドル)クラスの位置づけです。

 

1987年に、赤井電機と三菱電機のダイアトーンブランドと組んだ、A&Dブランドが誕生します。これによって、今までAKAIブランドとして生産されてきたGX-93は、A&DブランドのGX-Z9000へと名を改めることになりました。

極論ではありますが、ブランド名を変えただけのマイナーチェンジに留まっていることを読み取れば、この頃から既に業績が苦しい状況になっていたかもしれません。最終的には倒産してしまいました。

 

仮に、次のモデルである1988年のGX-Z9100からA&Dとなれば、とても切りがよいです。しかし、GX-93の生産中にブランド名が変わるという展開になりました。

もし、ダイアトーンと組まなかったら、マイナーチェンジをしたとしてもGX-93EX?になっていたかもしれませんね。

 

参考:実際、海外向けのGX-Z9100は、AKAIブランドのGX-95として展開されました。

 

93と9000を比べてみる。

さて、ここからが本題です。

GX-93とGX-Z9000は形が非常によく似ています。似いますが、細かい部分を見ると相違点があります。

 

例えば、GX-93ではライン出力のボリューム調整が可能なのに対し、GX-Z9000では不可能である点が挙げられます。さらに見えない部分ですと電子部品も違います。

最もわかりやすいのは、ブランドのロゴですけどね。『AKAI』と『A&D』、だれがどう見ても違いが判るはずです。

 

 

もう一つ、目に見える部分での差が、サイドウッドです。木目まで差がある点は、僕も意外でした。

先輩のGX-93の方が、少し色が淡く、木目がはっきりとしています。一方、後輩のGX-Z9000は、色が少し濃いめの焦げ茶で、木目は控えめです。

 

もう一度、写真で比べてみましょう。下段にGX-Z9000、上段にGX-93を重ねて写真を撮影しています。

 

いかがでしょうか。

 

どちらの木目がお好きかは、好みが分かれるところであります。ちなみに、僕はGX-93の方が好みです。ただ、機種はGX-Z9000の方が好きなんです。

『A&D』のロゴが捨てがたいという理由があって、機種で選ぶならGX-Z9000ですが、ウッドはGX-93がよいという…我がまま言ってすみません。

 

今度は違う視点からの写真で比べてみましょう。左側にGX-93、右側にGX-Z9000を隣り合わせで配置しました。

ちょうど、本体を上から眺めた時の光景です。サイドウッドの細長い面ですが、ここでも木目の差がはっきり見てとれると思います。

少しGX-93の方が派手な印象があるかもしれません。落ち着いた模様がお好みでしたらGX-Z9000の方がいいですね。

 

最後は、ツーショットで比べてみましょう。

画像をクリックすると拡大画像を表示できますので、よーく見比べてくださいね。

写真が少し暗い影響もあると思いますが、遠くからだと、木目の差は分かりにくいかもしれません。

でも、木目だけに限らず、ブランドロゴの違いだけでも印象が違ってきませんか?

 

個人的には金色のエンブレムになっている『A&D』ほうがデザイン面でお気に入りですが、『AKAI』も老舗感が出ていて捨てがたいです。

 

2種類のサイドウッド、2種類のエンブレム、見比べて皆さんはどちらがお好きでしょうか?

もじお時間がありましたら、下のアンケートで教えていただくと嬉しいです。

 

他にも見えない部分で差があります

GX-93とGX-Z9000は、他にも電子部品に違いがあるなど、見えない部分にも差があります。

例えば、違いの1つに電解コンデンサーがあります。GX-93は耐圧16Vなのに、GX-Z9000では耐圧50Vになっており、両者では若干音質が違うと思われます。

もちろん、音の感じ方には個人差がありますが、僕が聴いた印象ではGX-Z9000の方が太い音のように感じました。耐圧が高いほど電流の流れが良くなりますので、その影響ではないかと考えています。

 

もう一つ違いを挙げるのであれば、ヘッドホンのボリュームを回すと、GX-93ではライン出力も調節されるところですね。

40年くらい前のデッキは、ボリュームでライン出力を調整できるものが多くありますが、皆さんはいかがですか? 「ボリュームで調整できた方が便利!」という方も見えれば、「別に固定でも不便ない。」という方も見えると思います。

ライン出力の調整が必要かどうかによっても、GX-93とGX-Z9000の選択が分かれるところかもしれません。

 

下位機種のGX-73とGX-Z7000ではありますが、違いを動画で解説してみました。



 

さいごに

今回ご紹介した、AKAI GX-93とA&D GX-Z9000は、形はほぼ同じでブランド名が変わるという、他には恐らく無い展開になったデッキです。

ブランドが変わるというと、トリオがKENWOODに変わったという例がありますが、A&Dは2社の合同ブランドですから珍しい部類に入るのではないかと思います。

摩耗知らずのGXヘッドを受け継いできた赤井電機ですが、年々苦しい状況になっていたことでしょう。それでも、他社が同じような形状の録再ヘッドを採用するなか、独自のGXヘッドを貫いたところには、流石テープデッキの老舗だと感じます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。