SONY TC-K222ESG の修理(フルオーバーホール)

 

 今回は1990年製のSONY TC-K222ESGのご紹介です。大阪府の方より、「今まで一度も点検していないのでメンテナンスをお願いしたい」との事でご依頼を頂きました。

 

 TC-K222ESGは、先代のESRシリーズまで採用されてきたメカニズムに代わって、新設計のサイレントメカニズムを採用したモデルです。

 

 はじめに作業前の状態確認を行いました。確認項目を順番に正常か調べていきましたが、特に異常はありません。大事そうに使われているようで、外装状態もとても良好でした。

 今回はフルオーバーホールをご希望という事で、メカ部分と電子部品の交換を行いました。サイレントメカを採用しているデッキではベルトが劣化して動かなくなる故障が多く、現時点では正常でも劣化が進みますので予防で新品に交換するメリットは大きいです。

 

 まずはフロントパネルの取り外しをします。ボタンの信号線、ディスプレイの配線、ボリューム用の配線と、フロントパネルから伸びているケーブルは全てコネクタを抜きます。

 

 その後、パネルを固定しているネジを外して手前に引けば外れます。ついでに、電源スイッチとタイマースイッチも外しておきました。

 

 そしてメカを固定しているネジを外せば、メカの取り外しが出来ます。上位機種の333、555よりも基板が少なく内部がすっきりしている分、配線の取り回しも比較的容易です。

ここからはメカの分解作業です。

 

 まずは、カセットホルダの取り外しです。外部電源でメカを動かしてオープン状態にし、カセットホルダを取り外します。そして再びクローズ状態にしたら、メカ上部にある部品を取り外します。この部品はオープンするときに、検出孔のスイッチを上へ持ち上げる役割をしています。

 

 つづいて、リール関係の部品、ピンチローラー、ヘッドを取り外しました。ブロック分けをして作業を行っていますので、先ほどのカセットホルダを①、ヘッドやローラーなど前面についている部品を②とします。

 

②の部品を全て外した後、キャプスタン、メカを動作させるカムの部分、DCモーターおよびカムスイッチの、3つに分割しました。それぞれ③、④、⑤としました。

 それぞれのブロックで、さらに分解を進めます。

 

完全に分解すると、これだけの部品数になります。きっちりブロック分けできることが幸いして、分かりやすい構造になっています。機種によっては、分け方が曖昧になってしまう場合もありますが、基本的にはこのように分けると作業が行いやすいです。

 

 部品の脱脂洗浄を行いました。古いグリースを完全に落としました。

 

 完全に脱脂をすると、この様に回転がとてもスムーズになります。この部分はグリースを塗布する部分ですが、その前に脱脂洗浄の効果を画像に残しておきました。

 

 カムギヤの裏側、ヘッドとリールストッパーを操作する部分になります。特にヘッドの操作時は負荷が大きいので、グリースは必ず塗布します。

 

 カムの部分の組み立てが終わりました。ベルトも新品に交換しました。カムギヤのこちら側からは、ピンチローラーの上下と、カセットホルダの開閉動作のモード切替をします。動力はリールモーター得ますが、その切替をカムギヤに接した部品が、右側の上から2番目のギヤを動かすことで行っている仕組みです。メカ用のベルトも新品に交換しました。内径20mmの角ベルトを使用します。

 

 DCモーターの分解清掃です。特に整流子(コミュテーター)にある隙間に、回転で発生した汚れが多く付着しています。エタノールを付けた綿棒を、整流子と直角の角度で当てて綿棒の軸を回しながら、隙間にたまった汚れをふき取ります。やはりリールモーターの方が汚れが多く見られました。

 

 DCモーターを基板に実装し、メカに取り付けます。

 

 

 続いて、キャプスタンを回すダイレクトドライブモーターの回路ですが、2つの表面実装型の電解コンデンサがあります。こちらは、経年で電解液が漏れだす症状が多く見られます。漏れだした電解液により、パターンを腐食させてしまう恐れがあります。また一度プリント基板へ電解液が付着すると、コンデンサの交換の際にパターンが剥がれてしまうリスクが高まります。漏れていなくても早めの交換が安心です。

 

 キャプスタンのユニットを組み上げました。ベルトも新品に交換しました。この機種で使われているゴムベルトは、劣化するとゴムが硬くなる傾向があります。内径70mmの平ベルトが適合します。

 

 キャプスタンユニットをメカに取り付けます。

 

 メカ前面の部品の取り付けです。リールストッパー、磁気ヘッド、ピンチローラー、リール台、アイドラーの順番で取り付けます。順番が違うと取り付けることが出来ません。ローラーの可動軸にはしっかりグリースを入れます。

 

 

 ここまで組みあがったら、電源装置からモーターを動かして、メカが動作するかを確認します。確認できたら、カセットホルダなどの開閉関係の部品の取り付けです。オープン検出孔のスイッチを取り外しの時と同様に、クローズ状態で取り付けます。

 

カセットホルダを取り付けて完成です。カセットホルダも取り付け時と同様、オープンの状態にして取り付けます。

 

 一度組み立てて動作確認を行います。ヘッド周りの調整もここで行います。メカの作業が終了した段階で、実際に再生してメカに異常が無いかを確認したのち、電子部品の交換に移ります。

 

 電解コンデンサの交換は、オーディオ回路にはニチコン・FGシリーズを中心に、電源部分には同KWシリーズ、その他、両極性には同ESシリーズ、東信工業UTSJを使用しました。電源部分のコンデンサは、25V-2200uFと、25V-3300uFです。

 

 予防のため、電力用のトランジスタを交換しました。

 

 タクトスイッチも交換しました。計14個です。またボリュームも電子部品洗浄剤で洗浄しました。

 

 交換が終わったら取り付けて動作確認をします。

 

 動作確認後、再び全部品を取り外して、本体内部を掃除します。

 

 フロントパネルの裏側にガビが付着していました。こういったものも逃さず拭き取ります。

 

 最後にこのデッキの録音テープを作成し、最終確認を行って完了です。外装の状態もより綺麗に仕上がりました。

 

 TC-K222ESGは、SONYの3ヘッド方式の中ではベーシックモデルになりますが、上位の333、555よりもお安く入手できます。当店でも機種ごとの作業料金を設定しておりますので、ベーシックモデルである222ESGもお得な料金で実施しております。廉価なデッキでも大変貴重な製品です。懐かしくても壊れているデッキがございましたら、修理をぜひご検討ください。

 

SONY TC-K333ESA の修理・オーバーホール









 先月の作業分になりますが、今回はSONY TC-K333ESAの修理のご紹介です。富山県の方より、再生ができないという症状でご依頼を頂きました。

 

 動作を確認してみますと、再生を押すとベルトがスリップしている音がしており、これはベルトが伸びてヘッドを上昇出来なくなっているという状態です。

 今回はメカ部分のオーバーホールと、時々違ったボタンが反応することもあるという事でタクトスイッチの交換を行いました。

 

 早速、メカの取り外しにかかります。ESGシリーズ以降のサイレントメカと呼ばれるものは比較的取り外しが容易です。固定しているネジは上側に2つと下側に2つです。

 

 各ヘッドのケーブルは、再生ヘッドは上段の再生アンプの回路、録音と消去のヘッドは下段の録音アンプとバイアス発振回路に接続されています。下段の基板にアクセスするには、再生アンプ基板を外して避けておく必要があります。

 

 フロントパネルを外さなくともメカを取り外すことができます。

 

 それではメカの分解に取り掛かりますが、まず始めにカセットホルダを開いた状態にします。しかし既に本体から取り外してしまっていますので、外部の電源装置でモーターを回して開かせます。

 

 カセットホルダが取り外せた後、再び電源装置でクローズの状態にします。

 

 ヘッド、ピンチローラー等、フロントにある全ての部品を外しました。この状態から、キャプスタンをユニットごと取り外します。ネジ4本を外すと、ご覧のように引き抜くように取り外すことができます。

 

 DCモーターとカムスイッチがあるユニットを外しました。こちらは背面から細長いネジ5本で固定しています。

 

 各ユニットを更に分解します。

 

 キャプスタンを外す時は、指紋をつけないようワイパーで掴んで引き抜きます。

 

 5つのブロックに分けて分解する事ができました。このブロック分けがしやすいと、多少部品数が多くても整備がしやすくなると思います。この後、それぞれの部品を脱脂洗浄しました。

 

 脱脂洗浄後の部品です。古いグリースは完全に落とし、新しいグリースを塗布します。

 

 DCモーターの分解清掃も行いました。リール用とカム用の2つありますので、どちらも拭き掃除をしました。やはりリールモーターの方が汚れが多く見受けられました。

 

 逆の手順で組み戻していきます。脱脂洗浄の終わった部品は袋に入れて保管しておきました。袋にもどのブロックの部品か迷わないよう番号をつけています。

 

 黒いカムギヤはヘッド、ストッパー、ピンチローラーを動作させる重要な部品で、特にヘッドの上下は負荷が大きく掛かります。入念にグリースを塗布しました。

 カムギヤを回すための小さいベルトがありますが、ここが劣化しやすく動作が出来なく事が多くあります。今回もここが原因で、新しいベルトに交換しました。φ20~22mm、太さ1.2mmの角ベルトが適合します。

 

 DCモーターの部分と合体させました。次にキャプスタン部分を組み立てます。

 

 ダイレクト・ドライブの回路に、表面実装型の電解コンデンサがありますが、こちらは写真には収めていませんがラジアルタイプのものに交換しました。電解液が漏れて基板のパターンに付着すると腐食してしまいますので、こちらは必ず行っています。

 

 フロントの部品を取り付けました。ピンチローラーの可動軸にもグリースを忘れずに塗布しておきます。リール台は圧入タイプのストッパーで留めるのみです。しかしアイドラーは数ミリ程の小さなシャフトストッパーで留めていますので、これを紛失してしまうと厄介なことになります。

 

 DCモーターに通電させてメカの動きを確認します。カム用のモーターを回すと、扉開閉・早巻き・停止・一時停止(ヘッド上昇)・再生の各モードがあり、それぞれ部品が正常に可動しているかを見ます。いわゆる手動で動作をさせる確認作業です。

 

 最後に、カセットホルダーとその周辺の部品を取り付けて完了です。カセットホルダはどうやらセラミック製のようです。SONYの最高級テープで、ハーフが全てセラミックのスーパーメタルマスターがありましたが、それと同じ材質です。

 

 本体にメカを取り付けました。続いてフロントパネルを外し、タクトスイッチの交換に移ります。この機種は、各ボタンに専用の信号線があるタイプではなく、複数個のボタンで1つの信号線を用い、ボタンが押されたときの電圧降下で信号を送るタイプです。ボタンの劣化で導通時の抵抗値が増えると、マイコンが判断する基準となる電圧の閾値を超えてしまい、結果違うボタンが反応することになります。

 

 タクトスイッチは全部で13個です。4つ足タイプのものを使用します。

 

 動作確認へ入ります。好調な動作に復活しました。当店で決めている作業工程で1週間ほど様子を観察しました。

 

 

 このサイレントメカですが、上の画像の様にキャプスタンに磁性粉が付着してしまうと、テープの走行が不安定になりやすくなります。再生前に磁性粉が付着していないか確認することが重要です。

 

 綿棒にエタノールをつけて清掃すると、ご覧のようにしっかり取れます。

 

 動作確認が終了し不具合がない事を確認した後、配線処理を行いました。そして内部の誇りを取り払いました。

 

 フロントパネルを取り付け、いよいよ完成です。

 

 SONYのカセットデッキは人気の高い一台で、特にゴールドは高値がついています。今回のTC-K333ESAは、購入時から所有しているというワンオーナー品でした。外装も大変良い状態でした。是非今後も末永くご愛用して欲しいと思います。