TEAC C-3X

 

 
 1980年に発売されたTEACの3ヘッドカセットデッキです。C-3Xの特徴を一言でいうと「ごつい!」 一見、業務用デッキにも思わさせるデザインが大きな特徴です。特に、前面にある3つの大きなボリュームのツマミは、業務用ブランドであるTASCAM(タスカム)のカセットデッキ(112MKⅡ、112R MKⅡ、122MKⅢ)まで引き継がれています。

 音質や性能も非常に優秀です。録音/再生ヘッドの材質には摩耗にとても強いフェライトを使っており、やや硬い音質ではありますが、1980年のデッキとは全く感じさせないくらい高音域がしっかり出ます。テープの種類(ポジション)、バイアス、イコライザーなど、設定の切替えはすべて手動で、少々マニアックな側面もあります。大抵この頃のデッキは手動切替のものが多いですので、懐かしいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 そして、C-3Xで忘れてはいけないのが倍速録音。テープを2倍の速度にすることで、人間の可聴域以上の音も録音することができ、今で言うハイレゾの領域をカセットテープでやってのけることが出来るという、優れものです。

※テープを送る速度は、通常で毎秒4.76cm、倍速で毎秒9.52cmです。

 


 

メカニズムをぜんぶ分解するとこうなります。


 1980年製造ということもあって、’90年代のデッキよりは大型です。写真は脱脂洗浄を行った後で、各部品をポリ袋に入れて保管しています。この後に、メカニズムを元通りに組み立てていきます。

 

「ガッチャン!」という動作音の正体はここです。

 
 C-3Xは再生ボタンを押すと、ガッチャン!という大きな動作音がします。バブル景気の始まる前の古いデッキでは、こういった動作音が大きいものが多くあります。その正体が、写真に写っている部品で、「ソレノイド」という部品になります。電気を流すと、鉄の棒が吸引されて、取り付けられているレバーが動きます。この原理を使って、ヘッドを上下させる動作などを行っている仕組みです。

 

C-3Xの機械の中身。


 配線がごちゃごちゃしていますが、これも古いカセットデッキには多いです。修理をする時は、配線を間違えて接続したり、断線させたりしないような配慮が一層必要になります。かといって1本1本の線は太いので、よほど雑に扱わなければ断線の心配はありません。仮に断線しても修理は比較的容易にできます。

 

摩耗しにくいフェライトヘッド。


 C-3Xの録音/再生ヘッドには、摩耗に強いフェライトヘッドを搭載しています。黒光りしているのがフェライトヘッドの特徴で、高周波信号でも損失が少ないという特徴を持っています。消去ヘッドにはよくフェライトヘッドが使われるのは、100kHzもの高周波信号を扱うためで、損失があるとテープに記録されている前の音を完全に消すことが出来なくなってしまいます。

 

よくある故障 <ベルト切れ>


 C-3Xで再生できないという故障がありますが、大抵はベルト切れが原因です。新品のベルトに張り替えることで修理ができますが、なにしろベルトがドロドロに溶けてしまっているので、これを綺麗に掃除しなければなりません。C-3Xは、もう1本カウンターを回すための細いベルトがありますので、キャプスタン用とカウンター用、両方とも新品に換えます。

 

キャプスタンモーター分解中。


 キャプスタンを回すためのモーターは、常に同じ回転数で回らなくてはなりません。そのためにモーターの中に基板が内蔵されています。ここにも電解コンデンサーがあるので、分解して交換します。

 ちなみに、このモーターはガバナーモーターといって、回転速度を調整するためにコイルが1つ余分についています。ご興味がある方はこちらで詳しく紹介しておりますので、是非ご覧になってみてください。一度、このガバナーのコイルを基板に接続し忘れたことがあって、物凄い速さでモーターが暴走しました。この状態で再生したら…

 

録音の強い味方。<左右独立キャリブレーション>


 僕にとってのTEACといったら、左右別々のキャリブレーション(テープ感度補正・バイアス調整)ですね。テープによっては若干左チャンネルの方が音が大きく入ったりするなんてこともあるので、こんな時にTEACのキャリブレーションは強い味方になります。人によっては極限にまで設定を追い込む方もいらっしゃると思います。

 C-3Xはボタン操作で、規定値に設定するモードとキャリブレーションモードを切り替えます。キャリブレーションモードは、テープの種類(ノーマル、ハイポジ、メタル)で自動的に設定は変わらないので注意が必要です。例えば、ノーマルテープで合わせておいたままメタルテープに録音しようとすると、通常は回路が切り替わってメタルテープ用の設定に変わるのですが、C-3Xはノーマルテープの設定のまま変わりません。するとバイアスが全然足りないので歪だらけの音で録音されてしまいます。

 どうやらC-3Xは、手動でキャリブレーションをするモードだけは、完全に違う回路にしているようです。

 

バックテンションは糸。


 少々マニアックなお話になってしまいますが、C-3Xではバックテンション機構に糸を使っています。他の方法だと、フェルト、グリース(粘度の高い油)があります。

 カセットテープの再生では、テープをヘッドにしっかり密着させるために、左側のリールに少し抵抗力を与えます。リールを僅かに回りにくくすることで、テープが引っ張られた状態になるので、ヘッドにしっかり密着させることができ、良い音質を得ることができるのです。

 身近なものでいうと、運動会の時に頭につけるタスキです。ピンと伸ばした状態で頭につけましたよね。上手く付けないと徐々に下がってきて、タスキが目隠しになってしまった経験、ありませんか?