ベータマックス SL-HF507 TVにつなぐと映像信号が消える

 

Beta-Hifi搭載のベーシックモデル、SL-HF507です。1986年製で、メカの構造はご覧のようになっています。例によって、STK5441電源ICが搭載されています。まずは、電源の確認から行います。

電源ランプが点灯しました。正常に電源が供給されています。

カセットの挿入口が、中途半端な状態になっていましたので、これはイジェクト機構にあるようです。一部の方はカセコンと呼んでいたり、また違う呼び方をしたりで、何と呼べばよいか困ってしまいますが、私が読んだ文献によると、「カセットホルダ」を記載されていました。今回はカセットホルダの名称を使用することにします。

 

まずは、カセットホルダの点検が必要です。本体から取り外しました。テープイン検出のスイッチにケーブルがあるので、コネクタを外しておきます。あとはネジ4本で固定されているだけですので、突起部分を避けながら上方向に取り外します。

右側面のカバーを外し、ギヤの部分を露出します。

ギヤ、金属のフレームなど、すべて取り外すと、このように分解することができます。グリスが付いていますので、汚さないように注意します。


カセットホルダの不良原因ですが、このギヤ割れです。ちなみにこのギヤ割れは、同じ構造のSL-HF900でもありました。プラスチックの経年劣化と、バネによる強い弾性力がかかって、割れてしまったと思われます。これに関しては、新しく部品を製造したほうがよいかもしれません。現在検討中です。ひとまず今回は、正常なギヤを他から流用して対処しました。

 

このあたりも少しずれて、ローディングがうまく出来ていなかったので、補正しました。もしかすると、前ユーザーさんがテープが取り出せなくなって、無理やり出そうと試みたかもしれません。カセットホルダが不良を起こしてますので、その可能性も否定できません。

 

メカ部分の組み立ては終了し、映像の確認をしましたが、映像が映りませんでした。基板を確認してみると、なにやら半田とジャンパで補修された跡がありました。この程度であれば、ジャンパ線を接続するだけで済みます。

 

しかし、再生しても何も映りません。再生どころか、外部入力の映像も出力されません。ちょっと症状が重いように感じます。


ですが、オシロスコープで映像信号を確認してみると、しっかり波形が出てきます。ディスプレイに接続したときに、波形が直線になってしまうという、不可解な現象です。


回路中にあるトランジスタも交換してみたりはしましたが、症状は改善せず…少し考える必要があるようです。間違って電気部分を弄ってICなんかを故障させている、なんていう症状は勘弁してほしいです…
 

TC-KA3ES リール回転センサーの交換









少し前になってしまうのですが、実はメカ動作の改造をしているときに、作業ミスをしていました。何をしたかといいますと、解体したTC-K555ESXのリールモーター用のシールドを流用していたのですが、それをうっかりリールの回転センサに接触させてしまい、いわゆるショートをさせてしまいました。

(メカ動作の改造は、こちらで紹介しています。)

大事には至りませんでしたが、再生、早送り、巻戻しが、すぐに止まってしまうようになりました。

リールの回転を検出するセンサーは、フォトリフレクタと呼ばれ、内蔵されたLEDの光の反射を利用しています。(機種によっては通過型のものもあります)

リールに、黒と銀の模様がありますが、この回転検出の為です。ショートさせてしまったのは、左のリールセンサーです。LEDは、過大な電流で破壊されることは、学校の技術家庭で習ったかもしれません。そのため、LEDと直列に、電流制限用の抵抗を入れることが基本です。

が、今回LEDのアノードに、フォトトランジスタのコレクタを短絡させ、過電流が流れて、パンという音ともに破壊されました。

ひとまず、このセンサーは使えないので、取り外しました。

問題の交換部品ですが、これは千石電商で購入ができます。型番SG-2BCのセンサーが適合しますので、もしセンサーが故障したときは、こちらに交換します。

リンクを貼っておきましたので、ご覧になってみてください。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=2AAW-74DR

極性には特に注意が必要です。フォトリフレクタは4つ端子がついており、LEDのアノードとカソード、トランジスタのコレクタとエミッタがあります。間違えると、一瞬で破壊される恐れがあります。基板のA、K、C、Eの表記と、データシートをよく参照して取り付けます。


無事回転するようになりました。適合する交換部品があれば、とても安心なのですが、なかった場合は大変なことになります。

このようなミスを最初からしなければいいと言われれば、それまでですが、ミスをする可能性は0%では決してありません。ただミスしても、リカバリーが出来れば、また新たに1つ勉強となりますので、ミスは悔しいですが、ミスから学ぶのは大変重要と強く思います。