新しい機種に挑戦中。日立Lo-D D-E90

 

どうも、こんにちは。こんばんは。西村音響店の西村です。

今回は、これまでにまだ修理をしたことがない機種をご紹介します。

ご紹介するデッキはこちら。

1980年製の Lo-D D-E90 です。

 

 実は、昨年にD-E90のジャンク品を手に入れておりまして、ずっと手つかずの状態でした。D-E90が目ぼしくなった理由としては2つです。

 1つは、調べてみると3ヘッド方式で、単に音が良いんじゃないか?という思い込みです。

 本来は、新しい機種に挑戦してみようという目的でデッキを探していました。バブル期のデッキは、少し高いし台数を稼げないのでパス。1980年台前半なら何でもいいからゲットしようという気持ちでした。丁度良いタイミングに古い3ヘッドデッキが手に入り、ラッキーに思った次第です。

 もう1つは、安いということがありました。

 オークションで入手しましたが、たしか、誰も入札していませんでした。1,000円~数千円で入手できたと思います。初めての機種は、無事に修理できるかどうか不安で、出来るだけ安く手に入れたいという思いもありました。いきなり、2~3万円のジャンク品への挑戦はリスキーです。(今ではそれほどでもありませんが…)

 失敗したら痛い支出になりかねません。ただし、心の底から使ってみたい機種であれば、やはり気合が入りますね。

 

 何か月ぶりかは、もう分かりませんが開梱して状態を見てみました。

 さすがに、修理・メンテナンスなしでは動かせません。このD-E90は38歳(2018年現在)ですから、今日まで無傷のまま保っているのは困難でしょう。修理の体制に入る前に、状態を動画で記録しておきました。

 

 ということで、メカニズムを本体から降ろして、修理の体制に入ります。

 もちろん、単なる修理ではなくオーバーホールです。本体の中を見てみると、予想以上に簡素な構成になっていることに驚きました。大きな1枚の基板に、電源、制御系の回路、アンプが入っているようです。もう少し高級機っぽく複雑になっていても良いと思いますが、ともかく音を聴いてみないとD-E90の真価はわかりませんね。

 Lo-Dのほかに、まだ触ったことのないメーカーを挙げてみると、パイオニア、デノン、テクニクス、アイワ、ケンウッドがありますね。まだまだ沢山あって恥ずかしい限りです。

【2018/11/28訂正】ケンウッドは、トリオのKX-70が過去に1台あります。失礼いたしました。ベルトが粘土のごとく軟らかくなってしまっていたものを修理しました。
 
 

 新しい機種に挑戦するのは、単に好きだからという事もありますが、それだけではありません。最大の目的は、より多くのユーザーさまの力になることです。

 全員がバブル期のデッキを使っているわけではないと思います。1970年代のデッキで楽しんでいる方もいらっしゃれば、オートリバースの方が好きという方もいらっしゃるかもしれません。

 さらに、僕自身も多くのデッキを使って体感することで、ユーザーの皆さまと感想を共有できればと思っています。偏見なしに、それぞれのデッキが持つ良さ、特徴、癖などを1台1台じっくり見ていきたい次第です。

 過去に経験のない機種に挑戦すると、ぐっと緊張感が増します。音響店の過去の修理実績を掲載していますが、載っていない機種にも関わらず修理をご依頼されることがしばしばあります。

 もちろん、実績のある機種も大歓迎です。僕の主観になってしまうのかもしれませんが、もし他へ実績のないカセットデッキの修理を依頼するのは少し不安です。それでも依頼してくださる方には感謝です。これからも、届いた挑戦状はしっかり受け取っていきます。

 

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

【カセットデッキの修理】やってみたいけど最初はどうすれば?


 
カセットデッキのいろは 第26回
 

 どうもこんにちは、こんばんは。西村音響店の西村です。

 今回は、これからカセットデッキを修理したい人向けに、「最初はどうすればいいのか」というテーマでお話してみたいと思います。

 カセットデッキの製造が終わり、さらにはメーカーでも修理は受け付けてもらえず、さらにはデジタルの時代へと変わっていったためカセットテープの役目は終え、中古屋に壊れたカセットデッキが“ジャンク品”で売られていたりしますよね。

 ジャンク品というのはガラクタという意味で、言い方を悪くするとゴミを売っているようなものです。しかしながら、僕たちカセットデッキを愛用する人間からしたら、お宝に見えてしまいます。

 でもジャンク品は運よく使える物もあったりしますが、多くは壊れていると思います。そこで、なんとか自分で直せないか、と考えてしまったという方、少なからずいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 今回はそんな方へ向けたテーマです。

 
 

デッキを壊すことが大きな学びとなる。

 カセットデッキは、カセットテープという物理的な物体と、音という見えない電気信号、両方を扱うデバイスです。もう少し専門的にいうと、前者がメカトロニクス(Macaronis)、後者がエレクトロニクス(Electronics)です。カセットデッキの故障は両者とも考えられますが、僕が今まで見てきた中ですと、前者が圧倒的に多いです。

 カセットデッキの修理は電気の知識が必要だと考えている方もいらっしゃると思いますが、僕自身では電気よりも機械の知識が必要だと考えています。
 

 さて、「肝心なところの修理したいけど最初はどうすればいい?」に対しての答えですが、「まずは壊して勉強しろ」というのが、僕としての回答です。いやいや、壊せ!って言われても…そもそも「壊し方がわからん。」ってなると思います。

 難しいところなんですよね。眺めただけで構造が分かるなんて、初めからできっこないし、論理的思考力が要るのではないかなと思います。

 
 例えば、磁気ヘッドはどういう仕組みで上昇するのか、お手持ちのカセットデッキで考えてみて下さい。
 
 
・・・
 
 

 どうでしょうか。何かひらめきましたか?
 

 なかなか難しいと思います。
 

 ヘッドが上昇する → ヘッドを持ち上げる → 何で? → レバー → レバーをどうやって操作する? → ソレノイドorカムギヤ → カムギヤだったらベルト駆動

 という風に頭の中で浮かべば、あっこいつは恐らくこんな構造だろうということが推測できるのですが、最初からは無理です。

 

 ということで、もし修理に初めて挑戦するのであれば、壊してもよい覚悟を持ちましょう。始めは壊すところからです。

 初歩的なステップとして、まずメカを本体から降ろす工程があります。ネジと配線を外して取り外せるか、まずここからやってみましょう。最初はメカが外せるだけでも、すごく達成感があります。

 あと、これもおススメかもしれません。僕が小学生の頃やっていたのですが、カセットを入れないと再生モードにならないデッキで、カセットを入れずに再生モードにするにはどうすればよいか?という問題です。ラジカセのCDプレーヤーでもやってましたね。扉を開けたままで、CDを回転させるなんてことをして遊んでいました。半ば遊び道具にしていました。

 さて、最初はどんなデッキが良いかというと、ずばり安いモデルです。いきなり高級モデルでやってしまうと、もし完全に修理出来ない状態になると出費が痛いので、できれば5,000円以下のものが良いです。僕が始めたころは高校生でしたので、2,000~3,000円が限界でした。しかも2~3カ月に1回のペースです。

 結局のところ、量をこなせという事になってしまうんですが、こればっかりは避けては通れない道です。しかし、10台もやればコツが分かってくるのではないかと思います。ただ大事なのが、組立や分解が上手く行かない時に、何故なのかを考えることです。それで、もし行き詰まったら、進めたい気持ちを堪えて、作業から離れましょう。寝てる間に方法がひらめくかもしれません。

 あっ、間違っても怒ってデッキを殴ったりしないでくださいね(笑)とはいっても悔しくなって殴ってしまう事もあるんじゃないでしょうか。僕がその一人でした。分かります、その気持ち。

 

まとめ

 ということで、今回はこれから修理に挑戦してみたい人向けにというテーマでお送りしました。どんな物事でも、はじめて挑戦するときは緊張しますし、不安が脳内を過ると思います。しかし、その先には、恐らくもう二度と抜け出せないようなカセットデッキのディープな世界が、あなたを待っています。

 「カセットデッキの人口が減ってるから、頼むから来てくれ…」

一緒にカセットテープとカセットデッキを、後世に残していきましょう。

 

 最後に僕から、これから修理に挑戦する皆様への課題です。

 「あなたのデッキのキャビネット(カバー)を開けて、中を観察してみましょう。
出来る方は、どこを触ったら感電するか考察してみましょう。」

 

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。